topimage

2017-05

菜乃葉から学んだ事 (あの時の私は…) - 2010.07.14 Wed

今日は、菜乃葉の事を書きます。



20081207菜乃葉



あの時の事を思い出しながら、心の整理がしたいのです。

*初めて公開する写真があります。
闘病最後の画像なので、見るのが辛いという方は
続きをクリックしないでください。




うちに来てから、すぐに始まった血便と下痢によって

菜乃葉はIBDの可能性があるとされ

確定診断する為に、開腹検査がある。

という事を、先生から説明を受けました。


けれど、それは確定診断であって

IBDそのものを治療する為ではありません。

答えが出せない間に、症状は悪化していきますから

IBDであろう。という方向で治療を始めていきました。


ところが、どんどん薬が効かなくなってきます。

食欲も低下して、体重も減ってきて

20081209菜乃葉


とうとう一口も食べられなくなってしまいます。


当時、私は菜乃葉のストレスを軽減する為に

通院の頻度を減らし、電話で先生とやりとりしたり

私が1人で病院に行くこともありましたが

この日は病院に連れて行きました。


その時、診察してくださったのが

今も御世話になっているF先生でした。

F先生は、菜乃葉を触診してすぐに

お腹に"しこり"がある。と仰いました。

そして腸が重積しているので緊急手術が必要だと。


念のために副院長先生も来てくださって

菜乃葉を触診してくださいましたが

答えは同じでした。

菜乃葉のお腹の中にある"しこり"は

おそらく、FIPかリンパ腫によるものであろう。

と、先生が仰いました。

今の珠稟と似ています…。

ただ、決定的に違うのは

菜乃葉は、腸重積を起こしているので

緊急手術の為に、いずれにしても開腹しなければならなかったんです。

命に危険性があると知ってても

やるしか道はなかった。


20081210菜乃葉


大きく切り開かれたお腹から

答えを見つけることができました。

しこりの細胞を調べ 腹水も溜まっている

診断結果は、FIP(ウェット)でした。

この時点で、余命2週間と宣告され

重積している腸は、院長先生によって

切除ではなく、引き伸ばしていただきました。


20081216菜乃葉


何とか術後の経過を良好にしようと

入院中も、食事を食べさせることに重点を置きました。

もう腸の重積はしていないはずなのに

食欲は、どんどん低下していきます。

入院によるストレスを軽減する為に

半日入院に切り替えて、家に連れて帰る事にしました。


20081219菜乃葉


インターフェロン等の投与はどうですか?

菜乃葉の辛さを減らしてあげたいです。

先生に相談しましたが

もうFIPの末期にきていました。

浅い呼吸しかできず、体温も低下していましたが

少しでも楽になるなら。と

腹水を抜いてもらいました。

この腹水を抜くデメリットには、痛みやショックで亡くなる事もあります。

それも承諾の上で、治療してもらいました。



20081221菜乃葉


危機を乗り越えて、良い方向に進んだ様で

少し歩く事もできましたが

とうとうその日はやってきます。



貧血なども進行して、血液検査もとんでもない数値が出ました。

内科の先生が 「今、こうして生きていられるのが不思議です。」

そう仰るほどの数値でした。

そこで、私達に最後の選択肢が与えられます。

あと1週間、延命するために

輸血をするか 輸血をしないか です。


よく、輸血の選択をする際に

血をわけてくれる猫ちゃんに申し訳がない。

その猫ちゃんを探すのが大変だ。

という言葉を耳にしますけど

私は、冷めてました。

輸血専用の猫ちゃんが病院で飼育されている。と聞いて

単純に、輸血するか 輸血しないか しか考えませんでした。

すぐに答えを出さなければならなくて

15分ほど先生に時間を頂いて考えました。

結論は 輸血はしない。 でした。


あの頃の私達にとって1週間という時間は

何より貴重で大切で、欲しくて仕方ない時間でした。

でも、その1週間の為に

菜乃葉を頑張らせることが、もう辛くなっていました。

家に連れて帰ろう。

いつもの場所へ帰ろう。

そう思ったんです。



20081222菜乃葉


もう、その日の菜乃葉は

神経麻痺も進行して、動くこともできない。

舌をしまうこともできない。

ただ苦痛しか残っていませんでした。

菜乃葉が大好きだから、一緒にいたいけど

菜乃葉が大切だから、手放したくはないのに

心の中で「もう楽にしてあげて。」と叫んでいる自分がいました。


20091222花


もし、あの時 何かしらの方法があって

この菜乃葉の状態でも生きていられて

もし、私の隣に居続けたとしても

私は、幸せではないでしょうね。

一緒に居られればいい。と思えません。

生きる事だけが幸せに繋がる。と思えません。


FIPもしくはリンパ腫の疑いが高い珠稟は

どちらかというとFIPの方が濃厚なんですが

私は…FIPの恐ろしさを知っています。

だったらきっと、そこには答えがあるんだと思います。


*★*―――――*★*―――――*★*ポチッと応援お願いします_〆┤'-'*├

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ         にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ   

(。・"・)o【いつもありがとうございます】*★*―――――*★*―――――*★*





● COMMENT ●

切ないですね、涙が出ます。
菜乃葉ちゃんだけでなく珠禀ちゃんまで同じ病気の可能性なんて。
なんとかならないのでしょうか?
ただ見守るしかできないなんて、無力すぎますよね。
私たち人間は。
愛香さん、辛い気持ちはこうしてみんなでわけあいましょうね、毎日ブログに来ますから。

一瞬躊躇しましたが、
しっかりと最後まで読ませていただき、
写真もしっかりと目に焼き付けました。
菜乃葉ちゃんが生きた証、闘った証、
そして愛された証。
忘れないようにしっかりと記憶に残しました。

v-381ノルラン様

我が家を見ているとFIPの確立って高く感じますけど、本来こんなに関わってくる病気じゃないはずなんですよね…。
そういうことも考えると、なんでこの子達が?
って思ってしまって。
命について考えるのは難しいです。
それでも側で純粋に生きている珠稟がいます。

v-381やらいちょう様

ありがとうございました。
どうして今、思い出したのか
どうして今、整理をしておきたかったのか
実は自分でもよくわかってないんですよ…。
いろんな意味で気持ちが揺れていることは間違いなくて、何とかせねばともがいています。
菜乃葉が頑張ったことを知ってくださることは
辛いことでもありますが、きっと菜乃葉は喜んでいると思います。

 がんばらせることは、辛いですよね。
 自分も本当に辛かったですから・・・

神崎さん 大丈夫ですか?
相当、お心も体も参っていると思います
お身体を大事になさって下さいね

身につまされる思いで拝読いたしました
その選択肢はこの先必ず私と2にゃんに来る事 ましてニャオンは尚更に
だから・・・とても辛いお気持ちが
手に取るように・・・私に乗り移った様に
感じて泣けてしまいました
どうしてこんなに辛い思いを抱えなくてはいけないのか 苦しむ身体を前に無力が情けないです
どうして辛い選択をしなくてはならないのか
病が無くなって平和に暮らせたら・・・

神崎さん一家に平和な優しい日々が
訪れます様に 祈っています

暑い日々が続きます
お身体、ご無理されないで下さいね

◆お返事◆

v-381taka様

FIPを体験した事のある人にしかわからない恐怖
苦しみがあるように
独特の経過を辿るのもFIPですもんね。
今回は、無理な延命はしないつもりでいます。
珠稟が持つ本来の、自然の力に少しお手伝いとして緩和する治療をしていく。
それでいいかなぁ。と思っています。

v-381Leyna様

Leynaさん、お心遣いありがとうございます。
少し前までは精神的にもピークでしたし
パパさんとの喧嘩もしょっちゅうで
疲れも取れない毎日を過ごして気が狂いそうになっていましたが
今は、落ち着きました^^
心配してくださってありがとうございます。
ホントはね…なんで家の子ばかりが
こんな病気で苦しむの?ってやりきれない時もあるんです。
でも、これも神様から与えられた使命だと思って…
最後まで、どの子も一生懸命、精一杯の愛情を持って育てて行きたいって思います。

小さな体で精一杯生きてくれて
本当にありがたいですね。

神崎さんも、精一杯見守って
つらい選択の連続だったのに
よくぞ崩壊せず
見守り抜きましたね。

私は延命の可能性にかけて
苦しんでるのに
管をたくさん通したり
わがままを強いてしまいました。

なのはちゃん、
こんなにいまもずっと
皆さんに愛されて
すごい猫さんです。

知り合えて幸せです。
これからもなのはちゃんも
しゅりちゃんも、皆様よろしくです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanopy.blog55.fc2.com/tb.php/404-5215b6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これでいいの;? (自宅で気功) «  | BLOG TOP |  » FIPとリンパ腫が近づいた時 (珠稟バリウム検査)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (174)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (125)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (5)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字