topimage

2017-07

1日を大切に生きる。ということ - 2010.07.18 Sun

昨日は、大きな決断をしましたけど

それによって、特別な変化はありません。



20100718珠稟A


投薬も抗生物質とステロイドを使用して

失われた腎臓機能を補うために

点滴と食事療法、補助的に強制給餌を続けています。

いつもと変わらない生活

昨日と同じ生活を送っています。






今日は、私の体験も含めて

珠稟の今後について、お話したいと思います。



御存知の方も多いと思いますが

私は、"膠原病(強皮症)"という難病を患っています。

発病したのは7年前のことですが

当時、私は残り時間は5年でしょう。

と、医師に診断されました。


治りにくい風邪だなぁ。 程度にしか思っていなくて

そんな重篤な状態だなんて、考えてもいませんでしたし

頭の中は ??? だらけでした。

そんなことよりも…

当時、私は離婚して日が浅く

最愛の3人の子供たちを手放していました。

話し合いの末、仕事も落ち着き

ある程度、生活資金も貯まってきたので

やっと、子供たちを引き取れる事が決まっていましたから

死ぬことよりも、子供たちを引き取れなくなるのが嫌でした。


後5年しか生きられないなら

残りの時間は、子供たちと一緒に過ごしたい。

そこには、夢なんて存在してなくて

素朴な現実だけがあったのかもしれません。



それから、やっと子供たちと暮らせるようになったけど

病気の体で、母子家庭という現実は厳しかったし

何より… 子供たちに真実を告げ

私がいなくなっても、生きていく方法を教えるのに精一杯でした。

今思えば、親子共々、涙を流しながら

「ママは、ずっとはいないんだからね!」

「3人で力合わせて。仲良くせにゃいかんよ!」

という言葉に

「はい。はい。」

と泣きながら答えていた3人の子供たちには

いくら真実とはいえ、過酷な話をしたと思います。


小学生という幼い時代に

私が倒れたら、子供たちが救急車を呼び

搬送先の病院を指定し、家の戸締りをして付き添う。

本当に、よくやってくれた。と、感謝しています。



おかげさまで、私は5年を越すことができました。

特別な治療は、ほとんどしていません。

一般的な膠原病の対処療法をしているだけです。

時々、病状が悪化したときには

入院して安静を保とうか。と、医師には言われますけど

90%は、断っています。(苦笑)

治るなら、入院だって何だってしますけど

治らないなら、家にいたいですもん。

症状を緩和させるだけなら、通院で十分です。


ただでさえ、毎日あらゆる症状に悩まされて辛いのに

これ以上、針や管を通されたり

副作用の強い薬を投与されるのは嫌です!
(ステロイドだけでうんざりです 笑)



20100718珠稟B



朝日が昇って、夕日が沈み

四季を感じて日々暮らす。

1日が終われば、ホッとして

今日、過ごせたことに感謝する。

私には、明日が来ないかもしれないから

だから、精一杯 今日を生きる。

それだけを心がけています。


私が、こんな考えの持ち主だから

珠稟には、無理をさせない。頑張らせない。

という決断をしたのかもしれません。

病気になったなら、嫌でも毎日が闘いです。

それ以上、頑張る必要はないし

いつもと同じ場所で、同じ生活を送り

たくさんの愛情で家族が包み込む。

それが1番 きっと1番

そんなふうに考えています。

* 猫と人間では相違があるかもしれませんが
  今後も緩和、対処療法を行って、穏やかな時間を増やしたいと思います。


*★*―――――*★*―――――*★*ポチッと応援お願いします_〆┤'-'*├

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ         にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ   

(。・"・)o【いつもありがとうございます】*★*―――――*★*―――――*★*




● COMMENT ●

私も同じ考えです。
私も常々今たとえばガンだと宣告されても延命も治療もしないと決めています。アラフォー世代の私、若いと言えば若いけどそれが私に与えられた限られた命ならそれを受け入れよう。
それに残された時間が限られているのならギリギリまで子供たちと一緒にいて普通のお母さんをしていたい。そう思うから。珠禀ちゃんもきっと必要以上に体を傷つけないで…と思っていると思いますよ。ぽち☆

 自分も安易に「頑張れ」っていう言葉は使わないようにしています。みんなそれなりに一所懸命に命を大切にしています。
 日々が穏やかに過ぎていくことは何より幸せだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一日を大切に生きる。
基本なのに直ぐに忘れてしまいます。

自分も命を宣言を受けて、それでも何度も
復活しているうちに生きる事が当たり前に
なっています。

前の記事を読んで、私も開腹検査をしない決断をした事間違っていなかったと再認識しました。

リトル、ガーチャン、もう通常の検査以外は
しないと思います。
検査しても病気である事には変わりない。
治す為に出来る範囲のケアを続けるだけ。

愛香さんと同じ気持ちで私も我が仔達を見守っています。
勿論辛いけど。不思議と前ほど涙が出なくなりました。

ご自身の体験から、珠稟ちゃんの事決断されたのですねぇ~
私の様な健康体は「一日を大切に生きる」と言う事を切実に感じた事はないけれど、記事を読んでいてそれではいけないんだあなぁ~と思いました(*'.'*)
そんなママが居てくれる珠稟ちゃんは幸せですね❤ポチッ☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も先猫のミンミンのFIP発症時に
愛香さんと全く同じ決断をしました。
FIP確定診断はしませんでした。
獣医さんからもFIPと診断が確定したところで
今と状況は全く変わりませんとはっきりと言われたのでただでさえしんどそうにしている子に
これ以上検査だの注射だのをさせることはできませんでした。
特に子猫ということもあって絶望的な判断をされたので残りの時間をどういうふうに過ごそうか
そればかり考えていました。
一緒に私と同じものを食べたり新しい首輪を買って
おしゃれをしてみたり・・・さみしがり屋だったので一緒に寝たりと楽しい日々を過ごしました。
病気になってから濃厚な日を
送れたので今でも後悔はありません。

愛香さんも決断を下されたということなので
これからシュリちゃんと楽しい日々を
穏やかな日々を送ってほしいと思います。
これからもシュリちゃんとの楽しい時間を
過ごすブログを楽しみにしています。

神崎さん こんばんは

私は・・・・
両親をそう言う形で亡くしています
生きて欲しかったから
でもそれはきっと私の我儘でしかなかったのでは と 今は後悔しています
無理をさせたと自覚しています
喧嘩もしたし その先を信じていたからこそ
だったのに
でも実際は自分のエゴだったのかもしれません

母は毎日「幸せ」と感じて生きる人でした
一緒にいられる事、そして食事が食べられる事、子供が良く育った事 あらゆることに感謝しながら 
愚痴を溢したのは晩年の少しの期間だけ
治らない病にかかった事を少し嘆いていました
それを見ているのが辛くて
私はそんな母を見ていたのに
両親が亡くなってからは寂しくて幸せと感じた事は無くなりました
2にゃんが病になって・・やり場のない思いを抱えて

でも 神崎さんの記事を拝読して
胸が一杯になりました
私の友人も同じ病で入退院を繰り返していますが とても明るく前向き
とても強く命の輝きを感じています
これからは一日、一日を大切に生きようと思います
本当にありがとうございます

私もニャオンに何が出来るのか
姫猫にも何が出来るのか
これからの先を見ながら進んで行こうと思っています

◆お返事◆

e-238ノルラン様

大人だけの世界ならば、まだ迷いなく治療に踏み込める部分があるんでしょうけど
子供達、ニャンズ達がいると一緒に居る時間を優先したくなりますよね。
元気だった頃に比べたら、できないことはたくさん増えてしまったし、家族に迷惑かけるけど…
一緒にいるのが一番の薬でもある気がしています。

e-238taka様

"頑張れ"って言葉は、とても素敵な言葉なんですけど使う時を間違えてしまうと、傷つけてしまうことがあるので私も考えながら使うようにしています。
言葉って難しいですね…。

e-238鍵コメK様

子供達がいなかったら、もうちょっと大人しく治療を受けてたかもしれないですけどね…。
半ば放り出したと言う感じでもあるかもしれないです。
偉そうなこと書いてるけど…感情のおもむくままに生きてるだけなのかもしれないですね^^;

e-238ガーのママ様

菜乃葉の時は、申し訳ないくらい泣きっぱなしで
気持ちが定まらず、喪うのが怖くて辛くてもがいていましたけど
今は、私も涙を流すことなくジッと構えていられるような気がしています。
心の片隅には、何か方法はないんだろうか?
って考えますけど、その方法っていうのは中途半端な方法ではなくて病気を完治させる絶対の方法。
夢のような方法があれば…と願っているんですよね。
今は、それがないって知っているから
珠稟の側でゆっくり過ごすことが1番という答えが出てしまいました。
日々の苦痛をなんとかしてあげたいですよね。
それで時間が延びたならラッキーなことですし!

e-238みゅうらむ様

偉そうに書いてますけど、私も強く思わない日もありますよ><b
特に症状が強く出て辛い日なんかは
あぁ;もう嫌だ。なんで私ばっかなの?
って、思っていますもん…w
そういう時は、かなり投げやりですけど、そんな日もあるわなぁ。と言い聞かせたりしています^^;

e-238鍵コメY様

お返事いただきありがとうございます。
詳細につきましては、お邪魔してコメントしたいと思います。
どうもありがとうございました。

e-238ピヨコ様

ミンミンちゃんがそうでしたよね。
菜乃葉の時に、そのお話を伺った時は
スーっと心に染みてこなくってピヨコさんの気持ちが理解できていなかったかもしれません…。
でも、今は共感できる部分がたくさんありますし
ピヨコさんとミンミンちゃんが幸せだった。と答えが出ているのですから
私もこれで間違いはない。私たちもきっと必ず幸せになれるはず。
そう安心できました。
人によって選択はそれぞれですから、どういう道を進んでも間違いではないでしょうね。
先日、開腹検査を受けない。と決断してからは不思議と気持ちが落ち着いていて
私の心も穏やかな状態です。
まだ珠稟に元気が残っているからなのかもしれませんけどね…。

e-238Leyna様

大きな病気になると、不自由なこともいっぱい出てきますし
失う事も数え切れないあるんですけど
なぜか悪いことばかりではないんですよね…。
病気になったからこそ気づく事もありますし
大切だと思えるものが増えました。
でも日によっては辛さがきつくて、愚痴をこぼす時もありますし
家族に八つ当たりする日もあったりします。
そういう時、「病気の私より、家族の方が何倍も辛い」と思うことがあります。
病気の本人は苦痛を100%感じることができますけど御家族はそうではないゆえに辛い部分がたくさんあると思います。
Leynaさんの御気持ちは、きっと御両親に届いていて
今も、そっと見守っていらっしゃると思います。
どうか幸せになってね。元気でいてね。苦労かけたけど私は大丈夫だからね。
って私でもそう祈りながら、家族を空から見守ると思います。
私も病気の子供達を抱えて、反対の立場で考えることができました。
大変なことも多いですが、命を通して学ぶことが多いですから感謝しています。
偉そうなこと書いてますけど、私はまだまだですよ…!
病人としても、看病する側としても未熟ですから
一緒に歩いてくださると嬉しいです^^




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanopy.blog55.fc2.com/tb.php/408-e2d29ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペロリと完食! (珠稟の体調) «  | BLOG TOP |  » 決断 (FIPの可能性と確定検査)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (174)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (126)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (6)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字