topimage

2017-08

最後の最後までできなかったけど (乃愛を迎えたわけ) - 2010.09.24 Fri

皆さん、乃愛を温かく受け入れてくださってありがとうございます。

今日は、乃愛を迎えたわけ"いきさつ"について

内容が、過去に遡りますので

長文になると思いますが、よろしければお付き合いください。

*話の内容の中に、超能力、霊能者といった表現が出てきます。
苦手な方はご遠慮ください。




乃愛を迎えたわけは、大きく分けると2つあって

1つは、うちのパパさんが会社で役職につくことになりまして

犬さん大好きなパパさんの念願を叶え

お祝いにお迎えした。

ということです。


そして、2つめなのですが

その前に、私の犬さんに対する思いを、正直に書きます。


私は子供の頃から、犬さんに囲まれた環境で育ちました。

番犬と呼ばれる大きな犬種から

座敷犬と呼ばれる小型犬まで

いろんな種類の犬さんと暮らし、父は繁殖もしていたほどです。


中学生の頃は、捨て犬を拾っては

勝手に学校内で飼育して、先生に何度も叱られたり(笑)

迷い犬を保護して、友達と公園で飼ったこともあります。


ところが、私が高校生の時、事件が起きました。

自宅の犬さんに、噛まれてしまったのです。

それ以来、"かわいいなぁ"と感じることはできても

犬さんに触れることができなくなりました。

とにかく怖いんです…。


なので、未だに、友達のお宅の犬さんくらいしか

一緒に遊ぶことも、触れることもできません。

だから、犬さんに噛まれて以来、子犬を見ても

「一緒に暮らしたいなぁ!」と思ったことはありませんでした。



と、ここまでが

私の幼い頃の体験談と、犬さんに対する気持ちです。


ここからは、少しお話の内容が変化します。


私は、時々blogにも書いていますが

幼い頃から家庭環境が複雑で

大人になって、家庭を持っても上手くいかず

離婚、再婚を繰り返しました。

ちょうど30歳の頃に難病にかかり

それから現在も闘病中です。


やっと今の主人と再婚して、落ち着けると思ったら

何度も流産を繰り返し

パパさんとの間に、人間の子供を授かることができなくなりました。

そんな人生を歩んできた途中に

友達の紹介で、ある先生と出逢うことになります。

山田先生と仰います。(仮名)


山田先生は、行方不明者を探し当てたり

各家庭の良い方角を教えてくださったり

いわゆる、超能力、霊能力というものが備わった方で

その的中率もすざまじく

全国から、悩みを抱えた方や

企業成功を求める方、病気や家庭不和の方の透視をされています。

かなり有名な方ですが、お忍びでしか霊視しない先生なので

こちらでの詳細は、伏せさせていただきます。


私が、山田先生と出逢ってから

いろんなことを霊視していただく中で

いつも必ず言われていたのが

「今の家に住むのなら、犬を飼いなさい。
 必ず良い方向にむかうわよ。」

ってこと。

でも…(苦笑)怖いんですから無理です。



そんなある日、山田先生の力にどうしても頼りたい出来事が起きます。

2008年 12月

そうです。菜乃葉が、余命宣告を受けた時です。

あと2週間の命だと、獣医さんに聞いて

パパさんと私は、残りの時間をどう過ごしたらいいのか

菜乃葉の気持ちを、山田先生を通して知りたくて

山田先生を訪ねたのです。


その時、山田先生が仰ったことはいくつかあるのですが

「小鳥のように世話をしてほしいと思っているみたい。」

と、聞いて 

私たち夫婦は、できるだけ菜乃葉を手に乗せて

すでに強制給餌すら危険(喉に詰まるので)な状態だったので

ティースプーンで、小鳥の口ばしに運ぶように

少量を舐めさせていました。

こうして、最後の時間を過ごしました。


気になっていた病院の方角なども問題はなく

「今の病院で大丈夫よ。」

と聞いて、安心したのを覚えています。


そんな中で最後に、こう仰いました。

「今から犬を飼いなさい。やっぱりあなたの家には犬が必要だわ。
 このこの(菜乃葉)症状も楽になりそうね。」

「それに、犬を飼わなければ、何度猫を飼っても
 同じことよ。(病気になる)」

と……。


あの時、私たち夫婦は

かなり悩み、何度も相談しました。

菜乃葉のために、犬を迎えるかどうか。

パパさんは、犬さんが好きですから

素直に「菜乃葉のためと思って見つけよう!」

そう言ったのですが

私には、過去に噛まれた犬さんに対する恐怖心、不安感があります。

そして、一番は

菜乃葉の病気の症状を、緩和させる道具みたいで

犬さんに(命)申し訳ないと思ったのです。


だから、山田先生が犬さんじゃなくて

猫さんと言っても、鳥さんと言っても悩んでいましたし

おそらく新たに命を迎えることはなかったでしょう。


公園に落ちてる石を100万個拾いなさい。

そう言われたなら、必死で拾ったでしょうけど…。


結局、やっぱりどれだけ考えても

菜乃葉のために、犬さんを連れてこれなかった。



それから菜乃葉が2週間後に旅立ち

私たちは、珠稟&瑠菜を迎え

葉暖を、ペットショップさんから頂き

由珠を居残りさせました。(笑)


猫さんに囲まれた生活は、皆さんご存知のように幸せです。

ただ、珠稟の体がもとから弱く

慢性腎不全になった辺りから

あの、山田先生の言葉が浮かんでくるようになったのです。

「何度猫を飼っても同じこと。」


やっぱり、このままじゃダメなんだろうか。

犬さんは、我が家を守ってくれるんだろうか。

だけど、4ニャンズのために

犬さんの命を扱うのは心苦しくて

もう考えるのをやめました。


そもそも、命との出逢いは

いつやってくるのかわからない。

私自身が、犬さんを自然に受け入れられる時がきたら

その時が出逢いの時!!!


そう思ってから数ヶ月が過ぎ

先日、blogでも紹介しましたが

パパさんはアロワナのエサを買いに

毎週ペットショップに行きます。

いつもなら、心がジンジンするのですが…

なぜかその日は、店内に入り

まっすぐ乃愛に向かって歩いていき

「この子犬さん抱かせてもらっていいですか?」

と、店員さんにお願いしていました。


そんな私に、一緒にいたパパさんも次女もビックリww

自分でも、なぜ乃愛を抱っこしたくなったのか

よくわからなのです。^-^;



ただ…乃愛となら、仲良くなれる気がしました。

一緒に暮らしたいと思いました。

やっと受け入れられる気持ちになれたのか

乃愛だったからなのか、それは判りませんが…w

そんなわけで、乃愛を迎えることになりました。



今日は、かなりの長文すみません。

ここまで読んでくださった皆さん

どうもありがとうございます。

明日からは、またいつものニャンズ日記や

珠稟&瑠菜の闘病の様子

もちろん乃愛との生活も綴っていきたいと思います。

お付き合いくださりありがとうございました。


管理人 神崎愛香

*★*―――――*★*―――――*★*ポチッと応援お願いします_〆┤'-'*├

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ         にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ   

(。・"・)o【いつもありがとうございます】*★*―――――*★*―――――*★*





● COMMENT ●

新しい家族さんを迎えられたんですね!
ノアちゃん!とってもかわいいです~
なんだかこまったちゃんみたいな目が
とっても母性本能をくすぐるような・・

にゃんずたちはそれはそれは興味津々でしょうね~
でもノアちゃんとだったらなんだかすぐに
打ち解けられそうですね!

愛香さんの先生の導きもありご縁があった
ノアちゃんなのできっと愛香さんの
ご家族やにゃんずたちにも幸運をもたらして
くれる気がします!

縁ですねえ。
きっと救世主として活躍してくれるでしょう!

私もワンちゃん大好き、ハリネズミさんのブログにも訪問してた事があります。
だから愛香さんのこれからの日記がますます楽しみ!

人はいろいろな思いや経験をして生きていかなければいけませんよね。
犬さん・・・私も大好きです。実家はもっぱら柴犬が大好きで今もいます。姫ちゃんです。
前にいた子は16年という大往生で生涯を全うしました。父も母ももう自分たちが歳なので犬は飼えないな・・・といいながら2年の月日が流れました。
でも犬が死んでから母の体の具合が悪くなり病名はありません。ただなんとなく・・・病?とでも言いましょうか・・・。そんなこともあってまた犬を迎えました。私が「もしお母さんたちが面倒を見れなくなったら私が引き取るからいいわ!」という約束をしたので安心したようです。
今の犬が来て約5ヶ月くらいですが母は元気になり毎日犬の姫と散歩をしています。
愛香さんも乃愛ちゃんを迎えることによってまた違った風が流れておうちの空気が変わるかもしれませんね。きっといい風が流れると信じて乃愛ちゃんを迎えましょうよ。ぽち☆

 それはやはり 犬なら何でもいいというのではなく、いつでもいいというわけでもなく、そのとき、乃愛ちゃんという運命の子に、そこで出会ったからだと思います。出会いは大切にしたいですよね。

きっと大丈夫♪

お気持ち 解ります
とても本当に とても
ちょっと状況は違いますが・・・
でも私も傍にその方がいらしたら見て頂きたい
嫌な事が続きすぎて苦しくて辛くて
毎日、本当にどうして良いのか打開策も見当たらない

私も同じ経験から犬が苦手でした
でも主人の実家に犬がいて、主人の妹の家にも
大きなラブ2匹も家の中にいて
と言う生活 大きな犬が恐怖を緩和してくれたのだと思います 
優しい犬でしたから
実は動物がその状況を変えてくれると言うのは
聞きます クッションになってくれると言うのか
その場を助けてくれると言う空気を持ってくると思います 
だから私も今、新しく家族を迎えるか
とても悩んでいます
珠稟ちゃんは乃愛ちゃんと仲良しになれそうですね
きっと珠稟ちゃんは解っているからだと思います
愛香さんのお気持ちとすべてを だからじゃないでしょうか
乃愛ちゃんも自分の使命を判って愛香さんのお宅へ来たと思います
良かったですね 珠稟ちゃん きっと良くなります(*^^)
穏やかな日々が戻りますように

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

全文をしみじみと読ませて頂きました…

色々と苦労もされて、でも素敵な家族も先生も側に居て、なのに…なのに何か釈然としない日々…

きっとね、こんなスペースでは語り尽くせないもっと沢山の想いや言葉があるでしょう……


 結果を気にしてしまうのは誰でもやってしまうことだから、仕方ないんですよね。
要は「きっかけ」
  運命とか宿命とか人生とか、何かしら私らの分からないところでそんなこんなの力が働いてるだろうし、そうしてノアちゃんは今、愛香さんの元へと来てるのだろうから、

  もう迷わず、うん(^・^) みんなで幸せになる為だけに、 生きてもいいんでしょうね。。。


  「幸せのかたち」は、その人にしかない形です。

 愛香さんとその家族でしか造りあげられない「幸せのかたち」を、

     これから長く長く、末永く、

    ゆっくりゆっくり丁寧に、大切に、


         造りあげていって下さい "^_^"

  ノアちゃんもふまえた 今ある みんな…で(#^.^#)

ひきこまれるように読ませていただきました。
乃愛ちゃんは、ここに来てしあわせになれそうな気がしました。
こんなに真剣にネコさん犬さんの小さな命のことを考えてくれるお家に来れたことはしあわせだと思います。
それにしても全員女の子ですね。
ダンナさん、そういった意味でもかなり幸せ者ですよね~。

そういう経緯があったんですね…。
ワンコが苦手な愛香さんが、乃愛ちゃんを
腕に抱きたいと思った気持ち…不思議なようだけど
出逢うべくして出逢ったのだと思います。
信頼出来る先生のお言葉でも、当時は迎える事が
出来なかったのはやっぱり乃愛ちゃんとの
出逢いが待っていたから…としか思えません。

私もノアを迎える前までは猫をお金で買うのなら
蘭丸達のようにお家の無い子を迎えなきゃって
思ってました。でもノアが誕生した時期くらいに
突然「長毛種の純血種を迎えたい!!」と思い
ノアに出逢いました。
そして、ノア、アル、イヴ…と続くのですが…
私は出逢うべくして出逢ったと思ってます。

犬を迎えなさい…とのお言葉、動物は性格が
みんな違うので相性が悪いと必ずしも良い方向へ…とは難しいと思います。
でも乃愛ちゃんは、猫さん達のお家にきっと溶け込める性格の子だと思います。
やっぱり最初から乃愛ちゃんだった…って素直に思います。

これからいっぱい幸せに暮らしましょうね。
生きてる子、お空にいってしまった子、
みんな同じだから。かわらない私達の可愛い子。

乃愛ちゃんとニャンズ達の心温まるドタバタ♪
のお話&写真楽しみにしてます(*^^*)

なるほど。
こんなに深い様々な理由があったんですね。
乃愛ちゃんは大切な家族の一員であるとともに
幸運の救世主にもなってくれる事でしょう。
これからは素敵な出来事が
数えきれないくらいあるでしょう。

◆お返事◆

v-266ピヨコ様

乃愛の顔ってすんごくなさけない顔をしてて
そこに惹かれました(笑)
女の子らしく甘い感じの顔つきで性格もおとなしそうです^^
これをきっかけに神崎家の運気があがんないかなぁ!なんてちょっと期待w

v-266きらきら様

今まで無理だった犬さんと暮らそうと思えたのですから、御縁があったのでしょうね。
ハリネズミさんのブログ私も拝見したことあります!かわいいですよねぇ>m<
来週には到着できそうなので、お写真UPしますね♪

v-266ノルラン様

そんなことがあったんですね。
ご実家が柴犬さんがお好きだと聞いたので
ずーっと飼い続けていたと思っていました。
お母様が気落ちなさったのも、見えないパワー?みたいなものがないからなんでしょうかね…。
動物さんと暮らすって事は命ですからもちろん苦労もたくさんあるんですが
目には見えない愛情を私たちももらうんですよね。
そう思うと、乃愛からもきっと素敵なパワーをもらえそうな気がしています。

v-266taka様

きっとそうですね。その時のタイミングというか
なんでもよいというわけではないんでしょうね。
出逢いは必然なんて言葉があるくらいですから
乃愛に出逢ったのもきっと意味があってのことだろうなぁ。と思ったりしています。

v-266Leyna様

生きていればいろんなことがあるのは当然のことですし
どうにもならないこと、何ともならないことが重なったりもするんだと思います。
それを乗り越えてこそ生きていることにつながっていくのでしょうけど、不思議なもので動物さんというのは支えになってくれるんですよね。
言葉を交わすわけでもないし、一緒に暮らしているだけのようにも見えますが
大きなものを与えてもらっている気がします。
そう思うと、毎日ニャンズにも来てくれた乃愛にも感謝の気持ちでいっぱいになります。

v-266鍵コメ様

やはり判る方にはそういうのが見えるみたいですね。
私は猫さんが大好きだったので、最初はすごくショックだったんですよ…。
かといってうちは一軒家に住んでしまっているので
簡単に引っ越すわけにはいかないし…。
次女が入院したり長女が病気になったり次々に人間にも病が訪れるようになってから考えましたね…。
時間はかかりましたが乃愛に出逢えたと言う事は
何かしら変化があらわれるのかもしれませんね。

v-266しゅりっち様

頭で考えていても、きっかけは作れないですね。
運命みたいなものでしょうから努力ともまた違う。
悩んでも悩んでも、どうにもならなかったので苦しい時期もありましたが、それも運命。
こうして新しい命に出逢えたり、今いる主人や子供たちニャンズと家族になれて、やっと幸せを知る事ができました。
そう思うと、まだまだこれから何が訪れるんだろう!って生きることにたのしみすら沸いてくるようになりました^^

v-266まつぼっくり様

いろいろありましたけどタイミングがつかめず悩んでいました。
でも、きっと乃愛を迎えられたと言う事は良いきっかけになるのだと思います。
そうそう!うちはみーんな女の子なんですよw
パパさんウキウキですww

v-266エム様

エムさんや皆さんのコメントを拝見して涙が…w
私ね、本当に辛かったんです。
目の前で菜乃葉が苦しんでいて残された時間もわずかなのに、犬さんを連れてくるお話を聞いたけど
どうしてもできなかった。
絶対後悔するに違いない。菜乃葉に申し訳ない。
って…。
でもその時はタイミングが合わなかったんでしょうね。
今は珠稟が闘病中で、この先どうなるかわからない状況ですが
乃愛を珠稟の為にじゃなく、本当に自然に受け入れられました。
まだ2日目ですが、猫たちとも仲良くできそうな雰囲気もあります。
瑠菜もずいぶん慣れてきました^^
そうですね!これからいっぱい幸せに暮らしましょう。
犬さんのことは初体験の事ばかりなので
エムさんに語相談することもあるかと思いますが
どうぞこれからも宜しくお願いしますね。

v-266やらいちょう様

生きていていろんなことがあるのは当然で
苦しい事も悲しい事も身の上に起きるのは当たり前のことなのですが
今までの私は毎日がギリギリで精一杯でした。
菜乃葉に出逢っていろんな事が変わり始め
家庭というものにも花が咲きました。
動物さんの不思議な力には頭が下がる思いです。
そして、こうして皆さんと御縁ができたのも
動物さんのおかげですね^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanopy.blog55.fc2.com/tb.php/487-9fc6f681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

珠稟、食欲低下中 (珠稟通院記録) «  | BLOG TOP |  » 新しい家族です♪ (乃愛がやってきました)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (175)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●糖尿病(2017.8.14~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (126)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (6)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字