topimage

2017-04

FIPの完治情報求めます。 (詳細は記事より) - 2012.12.11 Tue

本日は、他力本願の記事になってしまいそうですが

お付き合い、閲覧、情報頂ければ幸いです。


2009.9.7パインと菜乃葉





今、この広い空の下で FIP と闘っている猫さんがいます。

私も、大切な命をこの時期にFIP(ウェット)で喪いました。

あれから、もうすぐ4年になります。


我が家が、御世話になっている動物医療センターは

日本でも有名で、大きな病院に含まれますが

残念ながら、本日の題目に関しては

FIPを発症したら、完治は望めない。と聞いております。


ですが、世界は広い。

稀なケースもあるかもしれない。

そう、思い本日のテーマを立てた次第です。





まず、私が知りたいのは

FIPを発症した場合(バイオプシーや、腹水、胸水、等の細胞検査にて確定のみ)

完治した例は、あるのでしょうか?


白黒、ハッキリ選別するためにも

今回は、FIP疑い、コロナウィルスの数値が高い場合のみは除きます。



4年ぶりに、FIPについて調べているのですが

そこに書かれている記事を非難、否定するわけではありませんが

しっくり、ストンと自分の中に落ちてくる答えが見つかりません。


ご存知の方も多々いらっしゃると思いますが

FIPは大きく分けて2タイプ

ウェットとドライがありますし

発症した年齢、猫種、環境、その他の病歴など

経過は、さまざまあるようです。

コロナウィルスの抗体値が、例え高かったとしても

FIPに突然変異していなければ

生存している猫さんは、沢山いるのですが

上記の通り、確定診断の結果

FIPを発症していると診断された場合は、どうなのでしょう?

(確定診断ができるという段階で、進行していることにもなりますが…)

もし、完治した事例を御存知の方が、いらっしゃいましたら

情報提供頂ければ幸いです。



それと同時に、FIPを発症した猫さんの看病の中で

参考になることがありましたら

こちらも情報提供して頂けたら幸いです。





私は、この4年間FIPを避けてきた時期もあります。

まだ、心の整理がついていなくて

前に進めない自分もいます。

この、止まっていた4年の間の歴史の中で、医学の進歩に変化があるとしたら

知りたいと思い、本日記事にさせて頂きました。




*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。





…*★*…………いつも訪問ありがとうございますφ(・ω・*)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ
にほんブログ村
……………*★*…(*´I`)σ上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪




● COMMENT ●

私もFIPのこと改めてイッパイ調べてみました。
インターフェロンのことなども。
今日旦那さんも一緒に病院に行って最後に旦那さんが先生に
『ミシェルにとって何をするのが1番イイ?』って聞いた時
先生は、私と‥ママといることだと言ってくれました。
それが1番だと思いながらも帰宅後ミシェルが眠ってから
どこかに何か効果がある治療法はないのか探してました。
そんな時にこの記事‥
何か情報を提供してくださる方がいらっしゃるかも
しれないのでまたお邪魔させていただきます。

◆御返事◆

●Etsuko様
ミシェルちゃんの獣医師さんは素晴らしいと思います。
私のお世話になっている獣医師さんも、同じことを仰ってくださいました。
それは、諦めではなく、覚悟に近いのですが
側にいることが、どれだけ大変で辛いことか体験した人にしか
おそらく理解はできないと思えるのがFIPです。
情けない事に、コメントがつかなくて申し訳なりません;
携帯の方にも連絡しましたが、新たな情報が得られましたら
連絡したいと思います。
寒くなりましたので、どうかお体御自愛くださいね。
ミシェルちゃんにクリスマス、お正月、見せてあげたい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も2010年12月22日、ロシアンブルーの永遠(とわ)を猫伝染病腹膜炎で亡くしました。

旅立ちの日が同じだった事を当時必死で拝見させていただいていたのに
今日、主人と一緒にブログを拝見させていただきながら驚きました。

とわは、ドライタイプで、生後1歳と少しで余命宣告1ヶ月でした。

迎えた頃から(生後3ヶ月)食が細く、元気いっぱい、悩みは食のことばかりでした。

強制給餌をしました。ロイヤルカナンサンの高栄養の粉を溶かしたり、
ヒルズさんの栄養価が高い缶詰を喉越しが良いように伸ばしてシリンジに入れて飲ませました。

痙攣まで考える時間はなく、日々の経過をいかに穏やかに、そして少しでも顔つきの良い日があれば、「これってこのままいい感じ!?」と

1パーセント以下と書かれている事を知りつつも、その可能性を信じていました。

とわは、最後に痙攣が起きました。

もし、あの時に、痙攣止めを先生にお願いして常備していたら・・・

病院が開くまでの時間、体力を失わずにいれたかも。

って・・・知らなかったので後悔しています・・・


過去ログ2010年11月20日頃~2010年12月22日まで闘病記録載せています。


「菜の花畑で逢いましょう」当時、私達が目を丸くして拝見させていただいたブログです。



薬が欲しいです。亡くなった今でも思います。同じ様に苦しんでる猫ちゃんや
飼い主さんへ・・・


私自身、まだ心の中の整理が付かず、 ・・・なのに今は3匹の猫に囲まれています。



◆御返事◆

●鍵コメM様
いつも御世話になります<(_ _*)>
情報提供ありがたいです;
こちらこそ、いつも拝見させて頂いているものの読み逃げになっちゃって
ごめんなさい><。
腹水からの診断(外注検査)であれば、おそらく確定と見て間違いないかと思います。
それと平行して、コロナウィルスの抗体値と比較されたりしたのではないかと。
私も詳しくは、判らないのですが…
菜乃葉の場合は、緊急オペになったのが幸いだったのか
腹水以外にも、腸壁等の細胞採取も外注に回すことができる状態だったので
より確実にFIPと診断がつけられたんですが
獣医師さんの見解もあるでしょうし、どうなんでしょうね@@;
けれど、生存の確率があるとすれば、すごい情報です!
ありがとうございます!

●ちゃっぴー様
12月22日 同じ命日なんですね…
この時期、いろんな思いが溢れていらっしゃることと思います。
我が家の亡くなった菜乃葉も、とにかく食が細くて
大型猫種のノルウェージャンにしては成長が遅く
ちょっとした段差などにも、生後半年くらいして、やっと登れました。
IBD(確定診断ナシ)の疑いがあったので、血便や下痢の繰り返し
おまけに食べてくれないので、1.8kgしかありませんでした。
特効薬やワクチンが開発されないかと、祈っていますが
まだ情報として見聞きしませんね…。
FIPで最後を迎える猫さんは、本当に苦しそうです。
可愛かった面影がなくなって、見ているほうも辛かったです。
私も、ちゃっぴーさんと同じで4年を迎えようとしている今でも
心の整理はできていない気がします。
あの時のまま、止まっている様な感覚といえばいいでしょうか。
それでも、我が家も新しい4ニャンを迎え
これまた何かの御縁で、闘病することになり
現在も、日々看病と通院の日々ですが
菜乃葉の時に、できなかった御世話を、神様が再び与えてくれた気もして
今のニャンズの闘病と向き合っています。

とわちゃん、お空で菜乃葉に会ったらよろしくね!
茶色い、フワフワの毛の、ビビリさんだけど
仲良くしてあげてね。


管理者にだけ表示を許可する

F先生からの御返事 (FIPについて) «  | BLOG TOP |  » 涙と粉雪 (心に残る後悔)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (174)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (125)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (5)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (12)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字