topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙を開放します。 (犯罪被害者家族) - 2012.12.28 Fri

いつか、書き残しておきたい。

そう思っていた出来事があるのですが

なかなか、心の整理もできず迷っていました。


今日は、数年前の出来事を綴りたいと思います。

治安が良いと言われる日本。

だけど、危険は、すぐ側にあることを知って欲しい。

そして、事件に巻き込まれた本人と家族の想いを伝えたい。

そう考えて、本日は記事にしたいと思います。


悲惨な出来事ゆえに、内容が卑猥な記事となりますので

苦手な方、興味のない方等の閲覧は、御遠慮願います。

また、コメントにつきましても

誹謗中傷等のコメントは、お控えください。<(_ _*)>





=数年前の10月= 事件は起きました。

その日は、私の友達も遊びに来てくれて

皆で夕食を食べ、楽しい時間を過ごしていましたが…

夜、遅くになっても子供が帰ってこない…。

待っても、待っても。

そろそろ、探しに行こうかと思った瞬間、玄関が開いて

子供が飛び込むように帰宅しました。


「ママ;殺されそうになった;」


体は震え、10月なのに冷えきって、怯えていました。


すぐに、察した友達が

「愛香さん!私、お風呂用意してくるから;側にいてあげて;」

そして、パパさんは黙ったまま車の鍵を持って

勢い良く、飛び出して行きました。



子供を毛布で包む様にして抱きしめながら

110番通報しました。





その日、サークルで出かけていた子供は

帰り道、自転車で帰宅する途中でした。

大通りから、細い路地に入ると、自転車の目の前を1台の車が停車。

仕方なく、自転車を止めた(止まらざる得ない)子供は

一旦、自転車から降りました。

けれど、進行方向を塞がれ進む事が出来ず、とまどっていると

車内から、刃物を持った男が現れ

子供に、刃物を突きつけたのです。

「黙れ。殺すぞ。」と、脅して。

一瞬の間に、男に運転席側から車内に引きずりこまれ

ずっと刃物で脅しながら、車を発進させた男は

子供を乗せたまま、あちこち移動しながら開放しませんでした。

そして、卑劣な行為を強要し、携帯カメラで撮影し

口封じの為に、住所、氏名、電話番号、学校名をメモさせました。

そして、やっと開放された時

子供が、車のナンバーをメモしたんだそうです。

そして帰宅。



これが、大まかな一連の流れです。

警察は、すぐにやってきました。

気を使って、女性警官も同行していました。

すぐに刑事さんに車のナンバーを報告。

そして、そこから長い鑑識&聴取が始まったのです。

犯人逮捕の為、DNA鑑定の依頼があり

子供の体から、綿棒のような物で、あちこちを擦り

特殊な液に漬けているようでした。


それが終わる頃には、もう深夜でしたが

すぐに鑑識を始めたいとの事で

真夜中に、被害現場を封鎖し

写真撮影、鑑識班の方が足跡、タイヤの痕跡など採取していました。

真夜中でも、パトカーが何台も止まっていれば

近所の野次馬も集まってきて…

まるで、見世物の様に感じました。

私と、子供が鑑識現場にいる時

野次馬の中に、少し離れるようにポツンと見慣れた人を見つけました。

目を真っ赤にして、私の父が、そこに立っていました。

あの時の、父の顔は一生忘れられないです。

何と表現したら良いのか、判りませんが

あんな表情の父を、私は初めて見たからです。





鑑識の最中に、刑事さんがやってきました。

「お子さんのメモしたナンバーから3台の車が見つかりました。」

「どんな形か、色か覚えてる?」

子供は、高校生です。免許も無ければ、車に詳しくもなく…

ただ、「白」と答えました。

そして、よく聞くとセダンタイプという事も判明して

それを刑事さんに告げると

「1台、まだエンジンが温かく、白のセダンがあります!」

どうやら3台の車の持ち主の家まで行っていたみたいです。

この証言から、ほぼ容疑者が確定しました。


が… そんな簡単には終わらない。

ここからが地獄の始まりだったのかもしれません。





朝日が昇り、外が明るくなった頃

警察署での事情聴取が始まり

何時間も、事件を掘り起こして説明しました。

それは、もちろん断る事も可能でした。

ただ、子供の意思で「起訴したい。」

そういう気持ちがあったので、辛くても協力する事にしたのです。


刑事さんの話だと、この数ヶ月

同じ手口の犯行が、近隣で何件も起きていて

連絡をくれる女性はいても、「起訴」には至らない。

だから、逮捕することもできないままです。

そう、仰っていました。


被害者である女性が「起訴」したくても、出来ないのは

聴取や裁判が辛いのです…。

事件に遭っただけで、それだけで十分傷ついているのに

傷口をえぐる様に、何度も話さなければならない。

逮捕状を取る為には、「証拠」が必要なわけですから

模擬のマネキンを利用した、現場の再現もしなければならないのです。




うちの子供は、事件があっても、調書作成協力で睡眠不足でも

「学校は普通に行く。」

そう言いました。

外に出したくない。家の中で守りたい。

私は、そう思ったのですが、子供がそう言った理由は

「いつもと…同じ普通の生活がしたいから…」でした。

普通の生活

これは、子供の、今の心の叫びなんだ!

私は、そう感じました。





担当刑事さんは、とても親切な方でした。

子供の意見を尊重して、学校が終わってから捜査に協力しました。

そして、ある時少し分厚いアルバムを子供に見せられました。

そこには、何人もの男性写真が並んでいて

何ページもありました。

「ここに、犯人はいるかい?」

そう問われた子供は、ずっとアルバムを見ていました。

コチコチ、コチコチ、警察署の部屋の時計の音だけが流れてました。

どれだけ待ったのか覚えてないくらい

子供は、じっくり、時間をかけてアルバムを見ていました。

そして…

「この人です。」

1人の男性の写真を指差しました。


刑事さんは、「よし!確定だ!動いてくれ!」

どうやら、そこのアルバムには何人もダミー写真が入れてあって

刑事さんは、車の持ち主と、写真の男が一致するか試したようです。

「こいつが、あの車の男だよ。おじさん達が絶対捕まえるからね!」



やっと、逮捕される。でも、それは大間違い。

ここまで、確定していても裁判所からの礼状が無ければ

逮捕は、出来ないのです。

裁判所からの礼状が出るまで、最短で1週間と言われ

私達は、怯えました。

容疑者は、住所等を無理やり子供から聞きだしメモしている。

家に来るかもしれない…。

写真をネットで、ばら撒かれるかもしれない恐怖。

夫婦で話し合って、逮捕されるまで24時間体制で

家族を守る事にしました。

そして、同時に容疑者であろう男の見張りも警察に依頼しました。





事件から10日が過ぎて、やっと刑事さんから連絡があり

明日、朝6時、逮捕礼状を持って容疑者宅に行く事

そして、新聞に事件の事が掲載される事の説明を受けました。


容疑者W は、犯行を認め逮捕されました。


それでも、地獄は続きました。

Wの顔の確認、車種の確認の依頼があったからです。

子供は、今までの聴取の時とは違いました。

パニックに陥るようになったのです…。

車の匂い、Wの顔を見るだけでパニックを起こしました。

怯える子供を抱きしめて、ごめんね、ごめんね。って

母親なのに、そんな事しか言えなかった。

それからです。Wに対して殺意が沸いたのは。





警察での聴取が終わったら

今度は、裁判所での聴取です。

刑事さんが、検察官に代わっただけで

事件の内容を、また話さなければならない。

何度、「もういいよ。やめようか。」と言った事か…。

けど、子供は「大丈夫。」とだけ言ってました。




そして迎えた、初公判

傍聴は、容疑者の父、私達夫婦、ヤンキー風の男2名

他の被害者の家族は、来ていませんでした。

それでも、人数からして

私達が、被害者の家族であると知りながら

容疑者の父親は、会釈すらなく

国選弁護士に

「息子のね~弁当代が高いのよ~何とかならんかねぇ~」

何て、廊下で話していました。

そして、この容疑者の父親が初公判の弁論を述べた時

「息子は良い子です。悪い事はしません。早く一緒に暮らしたいです。」

そんな事を述べていました。

同じ、子供を持つ親として

理解できませんでした。

悔しくて、悔しくて、傍聴席で涙が止まりませんでした。



そして、裁判長が出した結論は

強制わいせつ罪として 3年6ヶ月の実刑


たった3年半ですよ。そしたらシャバに出てくる?

冗談じゃない!

でも、これ以上の判決は難しい。長い方なのだと

検事さんから聞きました。



=(ここから、リアルな話になります。)=

まず、現在の日本の法律(当時も含め)では

男性器を、膣内に挿入していない場合は

強姦罪 には、ならないのです。

口腔、肛門、に挿入されたとしてもです。

膣に挿入したとしても、摩擦痕等から刑が軽くなったりもします。


この現実、どう思われますか?


私は、同じ女性の立場として考えて

どこに挿入しようが、精神的苦痛は同じだと思います。

ましてや、刃物を持っているのです。

いつ殺されるか判らない、逃げられない

そんな状態で、無抵抗なのに…。

快楽の為だけに、無抵抗な人間が襲われる。

写真を撮影し、口封じまでさせて

同じ手口で、何人の女性が苦しんでいるか;

それなのに、たった3年6ヶ月?

馬鹿にすんじゃねーよ!殺してやる。殺してやるんだ。





裁判所に申し出れば、服役中の様子の詳細を

手紙で知る事が可能です。

私は、それを依頼していました。

誰にも、見せずに、私宛に届けてもらっていました。


服役中の様子には、ランクがあるのですが

W(犯人)は、いつも「不真面目で反省の色が見られない者とする。」

という説明が書いてありました。


いくら高い塀の中に入ったって

春になれば桜が見れて

夏になれば汗をかき

秋になれば満月を見

冬になれば雪景色

そして規則正しい3食のメシ付生活。


許せなかった。

犯人が、生きている事が、許せなかった。

呼吸をすることすら、許せなかった。

だけど、判決が出た以上、残る手段は民事裁判でした。

お金が欲しいわけじゃない。

生きている事が許せないのだから。

だから、民事裁判訴訟は、しませんでした。



そして、殺意を抱いたままの私は

刑務所の生活について、勉強しました。

実際に、刑務所で生活した人とコンタクトも取りました。

その中で、判った事は

幼女、少女誘拐、殺害者

強姦、わいせつ罪で入ってきた者は特別なのだそうです。

同じ、「罪」という名を犯した者でも

上記の犯罪者は、反省の色が見えない者が多く

むしろ、武勇伝のように語ったりする為

仲間はずれにされたり、いじめにあったりするそうです。

犯罪者同士でも、上記の罪は別格だ。という事らしいです。

このような犯罪者が、再犯の確立が高いのも納得でした。





事件が起きてから1年くらいは

神崎家は、腫れ物に触るような雰囲気でした。

そして、周囲から

「命があっただけでもよかったじゃない。」

「そのうち忘れちゃうからさ!」

そう言われるのが辛かった。


本当に、そう思うのか?と問いたかった。

命があっても、心は死んでいるのに傷ついているのに

見えないから、そう言えるんだと思いました。


これが、よく言われる

被害者及び被害者家族に対する「セカンドレイプ」です。



私が、この記事を書けなかったのは

セカンドレイプが怖かった。

子供さんも悪かったんじゃ?とか

親の躾が悪いからでしょ?とか

とにかく、もう、何も聞きたくなかったから。



私自身も、幼い頃

母親の彼氏に、性的行為を求められていました。

「ママにないしょだよ。」って。

でも、幼かったし、頻繁だったから

別の 愛香ちゃん に、なることにした。

それが解離性同一性障害の、引き金だったのかもしれませんけどね。





3年6ヶ月は、早かったです。

刑期を終えて、W(犯人)は、我が家の、すぐ近くに住んでいます。

出所の知らせが、裁判所から手紙で届いた時

私は、すぐにWの家に向かいました。

殺害するためです。

けど、残された子供達が気になって

父に連絡をしたのです。

「今からWを殺すから。自首するから。子供をお願いしたい。」って。

けど、父に止められました。

「おまえは病気なんだから、家にいなきゃいかん!お父さんにまかせろ。」と。

それ以来、誰にも「殺したい」と言いませんでした。

父も私の親だから。






私は、日本の法律を、大きく変えて欲しいと願っています。

幼女、少女誘拐、殺害、強姦、わいせつ行為をした者は

例え刑期を終えたとしても

24時間、監視システムで行動を把握する必要があると考えています。

もしくは、男性器の切除。


そして、DNAや指紋の国家管理システム導入を求めます。

任意じゃなくて、強制です。

これで、検挙率も上がると思いますし

逆に、冤罪も減ると考えます。

ただ、指紋だけの管理ですと簡単に偽装できますから…

なのでDNAと組み合わせて管理して欲しいのです。

個人情報、プライベート等の問題があるから

きっと、簡単ではないのでしょうけど

こうして、被害にあった人間と家族は

今も怯えている事を忘れて欲しくない。

見えない場所にある、心が傷ついた事、消えない記憶として残る事

それを知って欲しいのです。

文字にするのは、簡単です。

けれど、普通の生活の中に

いつ被害者になるかわからない現実がある事を知って欲しくて

今日は、駄文、長文ではありますが

我が家の、過去の出来事を綴らせて頂きました。

お付き合いくださった方々、ありがとうございました。



そして、最後に

同じ経験を持つ方々、尊い命を喪った御遺族の皆様

苦しい過去ですが、少しでも「普通」の生活が

例え一瞬でも、増えていかれるよう

影ながら、見守っております。

菜の花畑で逢いましょう 管理人 神崎愛香より<(_ _*)>




*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。





…*★*…………いつも訪問ありがとうございますφ(・ω・*)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナーの不倫へ
にほんブログ村
……………*★*…(*´I`)σ上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪

● COMMENT ●

私自身そのような経験はありませんが・・。
書けなかったことが書けることは、何らかの心の変化のあらわれなのかと思いました。
全然違うことですが、愛猫を亡くして、辛すぎて地獄のようで、本音を書けなかった時期がありました。
時が過ぎて 思いを書けたとき、自分の心の中に変化があったのだと気づきました。
ここに書くことで、少しでも気持ちが軽くなったのならば、書いたことは決してマイナスではないと思います。
うまく表現できなくてごめんなさいね。
でも書いた勇気は、素晴らしいことだと私は感じました。

世の中はまだまだ女性には何かと不利にできている・・・そう感じます。
犯罪にせよ仕事にせよ・・・やはり女性は弱いんです。
世間の人の中で神崎家のような経験がある家庭は少ないのか?逆に泣き寝入りしている人もいて案外多いのか??
どちらにせよ表に出てこないことも多いだろう・・・そして刑は軽い。
殺人だって極刑になることは少ない・・・
これだけ犯罪が増えた日本。もはや治安のいい国とは言えないのではないか??アメリカ並みにするべきだ!!とも思う。
ただただ神崎家の家族の傷が時間をかけてでも少しでも小さくなる日が来ることを祈っています。

こんなことしか言えない自分がもどかしくもあります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

火だるまになって焼け死んでほしい……。


管理者にだけ表示を許可する

尊い命の旅立ち (ミシェルちゃん大好き) «  | BLOG TOP |  » 神崎家からミシェルちゃんへ (ワンニャンズ計画!)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (174)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (125)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (5)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。