topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動!天国の妻から夫へ (鶴の石が結ぶ愛) - 2014.02.24 Mon

これから書く話は、私の周りで起こっている
不思議な体験の1つです。
興味のない方は、スルーしてください。
誹謗中傷等のコメントも御控え願います。<(_ _*)>



遡ること1999年、私は鬱病で苦しみ失行障害が起きた。

精神科の先生と相談して1年経っても歩けない

幼い子供が3人もいるから、入院してみようか。

そして2000年に、とある精神科病棟に入院した。



私は幼い頃から病弱だったから入院は慣れてるし

歩けるようになって、また前と同じ生活を送りたいと思ってた。

208号室に案内されて、挨拶をしようとしたら…

看護師さんと患者さんが取っ組み合い><;


どうやら…患者さんが食堂で御飯を食べたくないらしい。

精神科病棟は、病棟の皆と食べるのが概の規則でもあるから

私は知ってたんだけど…初めての入院なのかな?

そう思いつつ、どうしたものかと見ていた。

患者さんは、とうとう御膳をぶちまけた。


「食べたくないのよ!下がりなさい!」


なんか気まずい雰囲気で…^-^;

私は、車椅子で近づいて挨拶をした。

すると振り返った患者さんは、私を見て膝まずいた。


「貴女…足が悪いの?」

「はい!鬱病で足が動かなくなっちゃって!」

「まぁ… 私の顔… 醜いでしょう?」


私は患者さんの顔を見て何があったかすぐ解った。

首吊りの未遂によって眼球がうっ血して紫斑ができた顔


「いいえ。苦しかったんですよね?醜いなんて思わんですよ
 もしよかったら一緒に食堂に行ってみませんか?規則なんですよね;」

「まぁ!私…貴女からパワーを感じるわ!行ってみようかしら。」


そんな出逢いが、Nさんことオババとの御縁でした。

年齢は私の母よりも少し上で1月2日が誕生日。

私は実母と別れたと話すと、ババ様になりますからと母親の様に

とても温かく接してくれて私達は、鬱病患者とは思えないくらい

もう毎日が楽しくて!笑

看護師さんの目を盗んで、湯船で泳いだり

キライな先生に、あだ名をつけたり^-^;

私もオババも、まるで鬱病なんて治ったんじゃないか!

ってくらい楽しかった。

それから同じ病棟にいたMさんとHさん

Mさんは白髪の紳士みたいだから私は 男爵!と名づけ

Hさんは私の兄みたいだったから お兄ちゃん!と呼んだ



退院してから私は歩けるようになり4人の交流は続いて

男爵からは戦争の話を沢山聞いたし

お兄ちゃんからは心理学や本の話を聞いた

オババとは大須観音に出かけたりコーヒーを作ってくれたり

昔の名古屋の町の事とか教えてもらった。

それをカウンセラーの先生は「擬似家族療法」になるから

とても良いことね!と言ってくれてた。

ところが…私は膠原病になり何かと会う機会が減って行き

毎年1月2日のオババの誕生日には必ず電話だけはした。



2013年1月2日 その日のオババはいつもと違った

「愛香ちゃん、私ね決めてるの」

「私もなんだ…もう辛いよね。」

お互いが鬱病の最悪な時期だった。



そして夏の終わりだった。

私が市役所で福祉課の手続きをしていたら夫から電話があって

「Nさんの御主人がすぐに連絡してくれって!番号いうよ!Hさんにも連絡してって!」

手が震えた…何があったのか、なんとなくわかったから。


2013年7月13日 オババは永眠したそうだ。

20140224N.jpg


御主人に電話をしながら涙が止まらなかった。

私は初夏に、どうしても嫌な友達がいて携帯を変え

家の電話も外し引越しまで考えていた。

きっと…私に最後に電話してきたに違いない。

もっと私が強ければ、救えたかもしれないのに。

自分を責めた。




翌日、御参りに御伺いして御主人と話していた。

「愛香ちゃんの事は聞いててね。同じ夢をみたり不思議な子だって
沢山の写真があるんだけどね…笑ってるのはこの1枚だけで
親戚もビックリしてね。愛香ちゃんに知らせたかったんだ。」

これは…私の結婚式の時の写真だ。

私は当時はスピリチュアル能力は今ほどなくて

特に気にもしていなかった。

御主人は脳梗塞の後遺症とオババを喪った悲しみ自責の念から鬱病になった。

そして(自殺)という死に方だったからと親戚は離れていったと言う。

私は御主人に解りやすく鬱病と自殺の仕組みを書いた。

鬱病患者の自殺は、脳内伝達物質の異常でもう 無 に近い。

だから、御主人のせいではないと伝え

オババには本当によくしてもらったから私が御主人を支えます。

そう約束してから、御主人との御付き合いが始まった。

お兄ちゃんのHさんも協力してくれて、2人で支えようと必死だった。



御主人は、病気なんてした事がないくらい健康で

仕事が大好きでバリバリ働いていたのに脳梗塞になってから

仕事ができなくなり、妻を自殺で喪い悲観的になって行った。


2月に入り鬱病は悪化して、私は入院を検討してた。

どんなに急いでも、私の家から距離がある…

もう誰も喪いたくはない。必死に考えて毎日電話した。



そして2月17日の事だった。

私は仏壇に、こうしていつもパワーストーンやスマホを浄化している。


20140224仏壇


私は、浄化石を清めようとしたら

ありえない物が見つかった。




20140224鶴の石

↑これがその石↑

私は、朱雀かと最初は思った。

というのは、その日はパワーストーンの組みなおしに行って

四神石→北の玄武 東の青龍 西の白虎 南の朱雀

この方角を直してもらったから、家に何も置いてはいなかった。

鶴のパワーストーンは亀と組み合わせれば長寿や健康を意味し

鶴と鶴なら夫婦円満を意味する

鶴という生態は、夫婦になったら一生添い遂げるから縁起がいいのだ。

私は、その石を握って考えた。


思いついた人物が2組いた!

1組は、私の幼なじみの御両親で幼い頃から可愛がってもらっている

おじさんの方が車椅子に乗っていて

私が1999年に失行障害になった時、車椅子を貸してくれた。

が、、、

時計を見たら22時を越えてる…。

もしかしたら、おじさんに何かあったんじゃないか。

不安で一夜を過ごし、朝一番に電話を入れたら

大丈夫!との事で、残る1組は…

そう、オババだった。


もう一度、仏壇のオババの写真を見て鶴の石を握った。

「愛香ちゃん、うちの主人の事ありがとうね。ごめんねバカな事して
皆に迷惑をかけたわね。主人に伝えて欲しいの。貴方のせいじゃない。
私達はずっと夫婦です。待っていますと。」

オババからイメージをキャッチして確信した。

この石は、御主人に届けねばならない。

私は急いで郵送したが…連絡が取れない…まさか…

不安になった。けれど行こうと思っても体調が悪くて行けない。

とっくに石は届いているはず!どうか、どうか電話に出て!

必死にかけたけど出なかった。



すると御主人から電話がかかってきた。

「愛香ちゃん!貴女は…凄い!」

なんだか、とっても晴々とした声どうしたのか聞いてみた。

鶴の石が届いてからも御主人は、やはり死を考えていたらしい。

働けない体、何の役にも立たない自分は生きていても意味がないと。

ところが、石を持つようになってすぐに

仕事の話が舞い込んできたという!

シルバー人材センターの掃除ではなくて

とある、大きな公園のテニスコートの管理やらで

きちんと週休2日、そして昼食も出してもらえるから

栄養を気にしていたから良かったと喜んでいた。


実は…その公園

私達が入院している時に、レクレーションでよく行った。

オババと二人で勝手に抜け出して猫ちゃん見たり^-^;

植物園でハーブティー飲んでたり^-^;

看護師さんに、よく叱られた想い出の場所…笑

それを御主人に話したら、笑ってこう言った

「おっかぁが見てるんだね…遺影が…笑ってるんだわ」


たった1粒の鶴の石

私は、オババが置いたと思ってる。

私は買ったこともないし、あまり興味がない石だったから。

そして、やっぱり思った

天国はある!!


信じるか、信じないかは人それぞれでいい

だけど私は、特別な事はしていない。

亡くなった命が、生きている大切な人に伝えたい想いがあるのなら

非科学的だろうが、どうでもいいんだ。

それを私は信じているから、御伝えする使命があると思ってます。




オババ元気ですか?

鶴の石、ちゃんと渡せたよ。御主人の仕事が決まったよ!

オババ自分をもう責めないでね。

私は、鬱病の自殺は病死だと思ってる。だから尼僧になって密葬もやめたいし

御主人みたいに、足元みられて多額な御金を支払うのはキライ。

私らしいでしょ?笑

13日は月命日にちゃんと行きます。

今はね御主人が私をとても可愛がってくれるよ。

これも御縁だね。ありがとうオババ。おやすみ。


*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。


【蒼香院とは?】

●蒼香院では命は平等である●

完全無料で、経を唱えております。

皆様の共に生きて、御縁を頂き祈り、法要、弔いなど

人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]



● COMMENT ●

とても素晴らしい記事ですね

オババ様と神崎さんが仲良しになって
勝手に抜け出して遊ぶ様子が
ありありと頭にうかびますww

お写真、本当に素敵な笑顔と、
オババ様の純粋で美しい人柄がうかがえます。

そして、とっても面白い方ですね?w

鬱の自殺は、わたしも病死とおもう。

なかなか理解はされないけど、
重度になると
もっと家族やまわりを考えろとか
生命に感謝しろとか
考える思考すら失われるんですよね。

オババ様、神崎さん、わかりますよ。

全てが自分とは縁のない
きれいで強すぎる世界に思えて。

オババ様と神崎さんは、目に見えないご縁がある、わたしも
だれがなんて言おうが信じます。

いっときでも、オババ様が神崎さんとであえて幸せで
楽しい時間をすごせて、
いまもご主人のそばにいるのがつたわって
本当に素晴らしい記事、ありがたいです。

◆お返事◆

•のら様
Blogを丁寧に拝読してくださって感謝しています。
ありがとうございます。
このような非科学的な記事、自殺という生涯の終え方に
共に考え共感して下さって嬉しく思います
なかなか出来る事ではありません。頭が下がります。
きっと、きっと天国のオババも喜んでいる事と思います。

こちらこそ

神崎さんの、暖かいお気遣いに
頭が下がります。

愛猫を亡くし、報告を方々にしましたが、
皆様気を回し
ご愁傷様といった感じで
あとはゆっくり傷を癒してねというかんじで
そっとされます。
それがなんだか、気を使って頂いているのが
逆に寂しかった。

もっとドカドカ、
苦しみや悲しみの渦中でも
気持ちに任せて
大丈夫?!と踏み込んできてもらって
よかったのにと(笑)


そんなとき、神崎さんが、
ブログをはじめすぐに、お言葉をくれて、
行動にでてくれて、、、。

本当に、本当に助かりました。
だから頭が下がるのは私の方です。

私事でお目汚しすみません。
つらいときこそ
飛び込んできてくださったお気持ち、
たくさんの身体や気持ちの痛みを経験されてきた
神崎さんだからだなと感じています。

暖かい記事の数々、何度も読み返しますね。

ありがたいです(^-^)


管理者にだけ表示を許可する

1日80名の命が消える日本/1話 «  | BLOG TOP |  » 算数誕生日で…す。 (葉暖5歳になりました!)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (176)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●糖尿病(2017.8.14~ (2)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (126)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (6)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。