topimage

2017-04

私が体験して得たこと。 - 2016.03.21 Mon

前回の記事は、支離滅裂でもあり、言葉足らずでもあり

少し誤解を招く様な文章にもなってしまって、申し訳なく思います。

まだ、鬱病から抜け出せてはいないのですが

私がずっと疑問に思っていたことも、世間の方に理解して頂きたい気持ちもあり

少し体験を交えて、文章にしてみたいと思います。


鬱病にも、細かく症状や原因が異なるので

一口に、ネット等の情報だけでは説明がつかない部分があります。

精神疾患には、純粋な鬱病患者さんもいますが

他の病気との合併症であったり、背負って来た人生、今現在の環境

あらゆる事から、紐解いてゆかねばならない病気の1つです。



私は、大切な友達を自殺によって何人も喪いました。

どうして助けられなかったんだろう?とか

そこまで追い詰められる前に、相談して欲しかった。とか

そういう気持ちを、心の何処かに置いていました。

まだ日本では、鬱病からの自殺の偏見が強く

告別式は密葬であったり、親族に伝えても命を捨てた

身内の恥さらしだ!そんな声も多く

法要なども、頼みにくい現実がありました。

友達の中には、御遺族が「死ぬなら外でやってくれれば良かった!」

「線香なんて立てにこなくていいです。死んだこと隠してますから」

そういう言葉を聞くと、私は想い出の品を出してきて

バックに入れたり、写真や頂いた手紙を持ち歩いたりしましたが

どこか、心の中で釈然としない私が居ました。


自分が僧侶になろうと思ったキッカケは、いろいろあるんですが

そのような自殺者に対しての偏見が、納得できなかった。

御遺族は、どうして死んだんだ!そんな疑問を抱えて

自ら鬱病になってしまった方もおります。

きちんとした答えを、皆と平等な弔いを、私はできる僧侶になりたい。

それもキッカケの1つでスタートしましたが

命日にお伺いすると、想い出話の中に

どういう気持ちだったのかな?なんて話題が必ず出るのですが

在り来たりな言葉しか、私は答えられない僧侶であったように思います。



そして、今回自分が大きな鬱病を体験していて

その謎を解く体験をしたのです。

3月16日 次女の外科のオペと、第二子の出産の日でした

無事に産まれて、次女も生きてオペ室から帰って来て

とにかく安堵しました。生きててくれてよかったと。


20160316


とても、嬉しかったです。

ちょうど鬱も回復期に入っていて、もうちょっとで

この暗闇から出られる!春だし!そんな風に思っていました。

ただ、今思えば…数日前に精神科医の先生から

回復期が一番危ないから気をつけるように。と指示がありました。

それは自分でも勉強していましたから、また少しばかり気分が落ちるんだろうな。

その程度の認識しかありませんでした。


次女と、孫の御見舞いに行った時

またね!と告げて病室を出た私の目には

病棟にある、ブラインドカーテンの紐が目に入ったのです。

その瞬間、まるで生理現象と同じような

いつもボーっとしつつも、歯を磨く朝の日常のような感覚で

「あ~!死ななくちゃ!」

そう思って、紐に首を入れようとしましたが

当然、首が入る大きさではなく、、、

そこで我に返ったのです。

え…私、これがもし道路に飛び出さなきゃ!とか

ここから飛び降りるんだよ!とか

タイミングも、異常な思考も、環境も全てが整った時

自殺が成立してしまうじゃないか!

鬱病をなめてました、本当の恐ろしさを私は理解していなかった…。



死にたくて、死にたいと思っているわけではない

死のうと思って死のうとしているわけではない

当たり前の様に、ふっと行動にする。


鬱病からの自殺は、完全なる脳内伝達物質の異常であり

私は、命を無駄にしたわけでもなく

私を友達が忘れてしまっていたわけでもなく

もう、何も脳が正常に働かなくなってしまっていて

周りに誰もいなかった

いろんな条件が揃ってしまった

病死とも言えるし、事故死とも言える


在り来たりな言葉など、理解できるわけがない

オシッコしなくちゃ!くらいの感覚です

我慢してでも、毎回もらす人が居ないのと同じくらい

トイレに行くような感覚で、亡くなって行ったんだ。

そう確信しました。



それを病気から学んだのだから

私は次の法要では、自分の体験を話すことが出来ます。

体の病気で亡くなられた方の御遺族様にも

私は多くの病気を体験しているから、真実をお伝えすることができる

どんな気持ちで、どんな事がしたくて、どんな事に困っていて

それでも心で何を思い、何を願ったのか

そういう意味で、病気から学び得る事がある。

だから病気に感謝している。と綴りたかったです。

上手く表現できていなくて、申し訳ありませんでした。



私は、病気だからという理由で

いろんな制限が山ほどあります。

だけど、私は僧侶です。腕を失おうと、足が千切れようと。

どんな事があっても。

修行道場には、行けてはいませんが

鍼灸の先生が、僧侶でもありますので

緩和を兼ねて、いろいろ教えて頂いてます。

その分、誰よりも努力して、いつ死ぬか分からない私は

毎日120%の力で過ごすんです。それが私の生き方です。

謎が解けたのだから、やっぱり私はそんな状況で亡くなられた方も

同じ心で弔える人間でありたいと思います。


*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。


【蒼香院とは?】

●蒼香院では命は平等である●

完全無料で、経を唱えております。

皆様と共に生きて、御縁を頂き祈り、法要、弔いなど

人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]

● COMMENT ●

愛香さん、ブログの更新して大丈夫ですか?
愛香さんが子供の頃から今もずっと
いろんな理不尽を押し付けられて
それプラス体の病気でも
動物さんの面倒や蒼香院の皆さんの事は
どれだけの事があってもどれだけ時間をかけても
必死に毎日年末から行動してるのを知ってる人は知っています。
いろんな角度からなんとか人を救いたいと強く思ってて
それを見つける事が出来たら
今度は困っている人に伝える事が出来る。
だから病気から勉強してるんです!
私ならそんな風に思えないです。
愛香さんの人生と交代出来たとしたら
小学生まで生きていられる自信もないですよ?
僧侶でも人と違いますか?
何の罪もない頃から散々な事をされて普通でいられる人なんているんですか?
そうやって考えてたら愛香さんが生きているのがどれだけしんどくて
毎日人より頑張らないといけない
頭を下げて謝るのは愛香さんではないじゃないですか!
自分のブログですよ?
意見をするほど愛香さんを知ってるならともかく
リアルでで連絡までして聞き出す無神経な人の気持ち
傷口をえぐってるんですか?
愛香さんの日記ををよんであまりにも腹が立ちました。
感情的なコメントしてごめんなさい。
だけど私は愛香さんが頑張って生きてくれてて
もうそれを見てるだけで十分人の何十倍も努力していると思ってますから。

◆お返事◆

・佐々木様
コメントありがとう。
いろんな人の考えがあるし、私という人間がどんな環境で育ち
今に至るか知ってて、コメントを残してくれる人は
おそらくは少ないので、それは仕方ないとおもう。
御意見の中には、前回の記事の内容が宜しくなかったとも
教えて頂いたし、スマホの方に連絡下さる方の中には
多くを語らなくとも、理解してくれている人もいました。
その言葉で救われた事実もあるし
どうやら、病気の人にどう声をかけたらいいのか分からない。
どう接していいのか分からない。
それが大半の意見みたい。
いつも私が言うけど言葉というか、文字は難しい。
単純に考えて、ペットボトルのフタが開けられないのに
車は運転出来る、お札は作れる
これが理にかなってないというか、変なのかも。
実際、私をみている人なら、どれくらいの言語で
手がどんな動きだとか、何ができて、何ができない。
目で見えるから解る。
私の文章力では、なかなか伝わらない部分があるのと
やっぱり鬱に入ると、なんて表現したらいいかな…
何もかもモヤモヤして、喜怒哀楽が薄れ無になったり
何かにつけて感動とか、心が動く事が薄れて行くんだけど
そんな状態でblogを書いた私がいかんのだろうな。
と、最終的には性格的に思うから。
人を傷つけるより、傷ついたのがマシかなとか。
鬱病をなめてた部分もあるし、難しいけど
拙い文章力でも、とても暖かく見守ってくれる人は必ずいるし
今後、正直なにを書いていいやら悩んではおるけども…
何でも愚直に書く事がよいとは、言えない。とも解釈したよ。
心配かけてごめんね。
とりあえず、今は何もかもメチャクチャだもんで
なにから手をつけようか…それすらわからんです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◆お返事◆

・カギコメS様
いつも御世話になります。コメントありがとうございます。
生きたくても生きられない人がいる
食べたくても食べられず死んでゆく子供が世界にはいる
頭では見聞きして理解していても、心だとか、その人が背負っているモノによって
とらえ方も、思考も違ってきますよね。
人間は、どんなに健康な人であったとしても
鬱病になる可能性は、全員持ち合わせているんです。
鬱病と病名が付くものから、抑うつ状態と呼ばれるものから
症状も様々で、私もたくさんの患者さんに出逢い
同じ病気でも、全く違う症状で話を聞いてみると
当たり前ですが、よく生きてきたね…って事を背負っている人
過去ならともかく、現在もまだその環境に身を置くしか生きてられない
心=脳が壊れて当然だと思いました。
亡くなる数時間前に、連絡が入ってたけど仕事で気がついた時には
もう手遅れだった友達
今現在がツライと相談を受けてたのに、いつもの様に電話したら
今朝死にましたと聞いた友達
数えきれない人が、大好きな人が死んで行った…。
自責しました、どうして助けてあげられんかったのか
もっと側にいたら良かったのか、私の家で一緒に暮らせば良かったのか
環境から早く出してあげてたらとか。
死にたい そう思う、口にする、書く事が出来るうちは
まだマシだそうです。
私も自分が体験して、恐ろしさを実感しました。
数秒前に孫を抱き、嬉しいと思ったのに?
なんで?自分が分からなくて怖くなりました。
理性が働いてないです。なにも。
大切な人がとか、楽しい思い出とか、好きな食べ物とか
なにも。
逆に、苦しい思い出、悲しい思い出もありませんでした。
ただ紐に首を入れようとした自分がいた。
たったそれだけでした。
世間が命をムダにしたと説くのなら
私は学習したのだから、そんなんじゃない
きっと自分が死んだ事すら、理解してないまんまかもしれない
そこに壁を作りたくはないです。
動物より人間が偉いなんて決めたくない。
同じ命なら同じ想いがある。
変わり者で構わない。平等に私は経を唱え朝晩手を合わせられる僧侶でありたい。
そう思っています。
年に1度、月に1度の行事的な事をするだけの僧侶になりたくない。
少しでも御遺族様が、次へ明日へ泣いてもいいから側にずっと心はありたい
形だけの付き合いなんて薄っぺらいから。

神崎さんが本当におつらいときに
スマホのほうに
自分の悩みを送ったりしましたm(__)m

ほかのかたのコメント、お返事で
おからだもお気持ちも
まのあたりにしたら、本当におつらいのをかんじました。

しかしこうして発見したこと
学んだことをブログにあげられ
それすらムチャかとおもいますが
神崎さんが生きている表現や
使命とおもわれていると感じて
ありがたく拝読しています。
でも本当にムチャは、、m(__)m

うつ病わたしもなめてました。
というか、死にたい、を訴えても、
真剣にかんがえるかたはほとんどいないと感じます。

命の電話に電話してみた、とまわりに話しても『なんていわれた?楽になること言われた?』程度です、、

まわりに自殺したかたがいないからかもしれません、、


本当、理屈も理性もはたらかないから
ただトイレにいく感覚で
別世界にいく行動をとってしまう
その瞬間がこないかと恐怖です。

わたしも、めいが生まれたりラジオからも希望あふれる言葉が飛び交う春なのに
春だから逆に、自分が絶望しかなくかんじてしまい、怖いです。

神崎さんにいつかおあいして沢山そのお姿から学びたいです。長文失礼しました!

◆お返事◆

・のら様
コメントありがとうございます
いつもスマホの方で私の話も聞いて下さって
とても感謝しています。
悩みは異なるかもしれませんが、誰かの相談を受けたり
何か頼まれたり
どんな些細な事でも、そういう瞬間私は自分の存在意義を感じます。
人って様々だとは思いつつ、言葉1つで内容によって
言われた言葉が心に刺さる事ってたくさんありますよね。
興味本位の人間もいれば、聞きたくない、知りたくないという人間もいれば
自分が暗闇にいると、人間の本質みたいな物が見えてきて
醜いな…とかよく思います。
所詮は他人の事であって、口ではあれこれ言う、聞く
だけどへぇー。って感じの人間もいますもんね。
自殺はイメージ的に悪く思われてしまうけど
私も今回本当に驚いて。
入院が可能ならば、同じ悩みを抱えた患者さんしかいないから
入院した方がいいのかな?とか悩んだりもしました。
死にたい気持ち、自責、何を見ても心が動かない
このときは、おそらく大丈夫です。
死ぬという行動を起こすパワーすらないからだそうです。
ある程度回復期に入って、死にたい気持ちから抜け出した時
ここが1番周りも自分も油断するし
パワーも回復しているので行動できてしまうんだそうです。
いつか逢いましょう!その事をとても楽しみにしています。
私はやっと桜を見て、色がついて見えてます…苦笑
それから蒼香院で新しい試みを始めたので
また体調が良い時にご紹介しますね!
のらさん、辛い時はスマホの方で雑談でもしましょ!
(*^^*)

ありがとうございますm(__)m

本当に、いつも言葉にすくわれています。

だれもいわないことをいってくださるので、、


お経の勉強をゆっくりですがはじめましたよ(*^^*)
さいきん、体は元気ですが気持ちが
つまらない失敗やおもいにとらわれがちで
自分だけがそこに執着しているとわかりながらも頭がどうしても、過去をせめたり恥じるおもいから抜けず
そんなときお経にふれる機会がふえて
(いままでもあったかもですが
心底悔やんだり、頭が後悔から過去をどうにかしたいおもいから、きりかえられなくなったことが、なかったから
興味が向かなかったのかも)
『すべてが無』
『なやんでる過去も、恥ずかしいとかんじている意識も、すべてが幻』
という解釈がなされてきて
無を理解することで
苦しいおもいを無にできるかもと
思ったりしてます。

まだまだお経おぼえられず
頭が本当に、ひどいときはお経を落ち着ききくことすらできませんが、、

なんとかしたいです(^_^;)(なんとかしたいとおもうことが、執着ですよね笑)

◆お返事◆

●のら様
こちらこそいつも感謝感謝です^^
そうですか、お経を!一歩前進されてる~素晴らしい事ですよ!
蒼香院の皆さんの中には、お経を覚えたいという方も多くいらっしゃって
ぜひぜひ、唱えて差し上げてください!ってお勧めしています。
執着について少し私の体験から書き残しておきますね。
私も鬱がかなり酷い時期に、のらさんと同じ思いでした。
禅を組んでも、経を唱えても沸いてくる事が沢山ありすぎて
頭がかなり混乱してしまったんですね。
その時、精神科の先生に問うてみました。精神科の先生は在家出家されているので
仏教にはとても詳しいので、治療もそちらの観点から紐解く時があるんです。
「道元はなんと説いた?」
「ただ座れと。」
「じゃぁただ座れ!ただ座ればいい。」
それを聞いてから、ただ座れか…と思いつつ鍼灸の院長先生の所へ向かい
これまた問うてみました。
鍼灸の院長先生は、お寺の副住職でもあります。

例えば、過去、そして過去から形を変えながら現在も続く苦を
どう説きますか?どう手放しますか?執着を捨てろ、あるがままに
それがとても難しいのです…。

この続きは記事にしてみます!
いつか書こうと思ってた内容でしたから、有難いです^^
宜しければ参考にしてください。

こちらこそ本当に、ありがたいです!(;_;)過去の執着、後悔、ちっぽけな自尊心が傷ついたとおもう思いへの捕らわれ…。

みずからがみずからをチクチク
おもいだしては痛め付ける習慣になっています、、

神崎さんのまわりには
出家されたかたなど
その道のかたがあつまられてるのですね、

類はとも、ですね!
ありがたいです
最新記事拝読します!


管理者にだけ表示を許可する

人間が人間であるために (無と執着) «  | BLOG TOP |  » 死にたい→死のう→眠り続け

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (174)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (125)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (5)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (12)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字