topimage

2017-09

人間が人間であるために (無と執着) - 2016.04.07 Thu

20160407M.jpg


昨日、桜の撮影をしました。

私には、とても大切な心友が広島県に住んでいて

いつの間にか、長い御付き合いの中で四季を互いに送る

約束したわけではないけど、私の中では約束みたいに大切な事になっていて


でも、今年はシャッターをきれるんだろうか…自信がなかったんです。

鬱病の時、景色は色を持っていない

そんな事は実際にはあり得ないんですが、そう思わせるのも鬱病です。


20160407K.jpg


少し回復してきているのか、ちゃんと色づいて見えました。



今日は1つ下の記事のコメントに、のらさんが貴重なコメントをして下さったので

いつか記事にしようと思っていましたので

お返事を兼ねてまとめてみますね。

私も、そして悩みを打ち明けてくださる皆さんも共通しているのは

鬱病になる原因となる事が存在する。

過去の事、現在進行形の事、期限が迫っているような緊迫した壁

様々なんですが、概ねは「人から受けている」

例えば私の場合ですと
・幼少期の虐待
・それについて親が無関心である
・何も知りもしない人間が過去を手放せという
・もっと考えてみたらどう?
・お前は勉強してないから、馬鹿でもしゃーねーわ
・子供が産めないとかいったって3人いるからマシじゃん

もっと書けば足らないくらいありますけどね!苦笑

そんな簡単に割り切れるなら、手放すことができるなら

精神疾患になんてならなかったわけで

私の何を見て物を言うのか、あなたの尺で計らないでよ。

プラス、どうにもならない難病が日常生活を困難にする。

頑張って?何かを割り切ってだと?もっと考えろ?車には乗れるんだ?

ふざけんな!私と代わってみるか?

治るならとっくにやってるわ!

受け入れるのに精一杯で、悲鳴をあげている心に

人間の言葉は、菜乃葉の時にも書きましたが『凶器』になる。

鬱病患者さんは、心がたとえ色を感じていなくても

動いているんです。きっと誰よりも言われなくても考えている

それは数々の人の悩みを聞いて、切実だと感じます。


私は、ある時在家出家しておられる精神科医の先生に問うてみました。

過去は変えられない。そう仰る人がいます自分が一番解っているつもりで
禅を組んで経を唱えても、過去に捕らわれる私は『執着』を手放せてはいない…
そんな自分を今度は責め始め、負の連鎖です。

道元はなんと説いた?

ただ座れと。

そうだ、ただ座れ!

そんな診察を終えて、道元の言葉の解釈を考えていました。

『ただ座れ』

それは、無になれと仰せなのか。

執着は欲望であろうな…。

そして、次に向かったのが鍼灸院

こちらの院長先生は、お寺の副住職でもありますので

私は緩和をして頂きながら、寺の話などを聞かせて頂くのですが問うてみました。

先生、過去を手放すとは『無』になれと言うことで
でも過去が今も続くような場合であったり、心に残って仕方ない時
執着が消えない時は、どう説きますか?

これは、僕の解釈ですが『無』になってしまったら
本当の無になってしまったら、人間ではなくなってしまう。
と僕は説きます。
何故なら、人間には”喜怒哀楽”が存在するから人間としてなりたっている。
どれか1つでも欠けてしまったら、ダメだと思います。

喜怒哀楽…ですか。それは持っていてもよいと?

例えば、心、内、外に置き換えてみましょうか。
心=心=脳
内=内臓
外=外科
この3つのバランスが崩れたら病気になったり、怪我をする
人間の体は、とてもよくできていて
骨が折れれば痛みを感じ、長引いたり、芳しくない状態が続けば
どんなに健康な人でも心が病んでくるものです。
心が病めば、胃が痛くなったり眠れなくなったりするものです。

病は気からもあるけど、つまり気から病へみたいな感じですか?

仰るとおりですね。
心、内、外
これはとても重要な役割を持っています。
過去はもちろん変えられません。でも思考の変換はできるはずなんです。

思考の変換ですか?

例えば、小学1年生の時に僕がイジメに遭っていたとしましょうか。

はい。

その時感じた苦痛は、小学1年生の僕が感じて得た答えですよね?
でも僕は今37歳の僕がいる。
37歳になった僕が、当時のイジメを大人の目線であったり
視点を変えて見てみると、違った事が必ず見つかるはずなんです。
小学1年生の思考のまま、今の自分の人はおそらくいません
大人になった部分が必ずあるとも言えますね。

私は、その話を聞いて

一番に浮かんだのが『死に対する思考』と菜乃葉だった。

菜乃葉に生きて欲しいと願っていた。

もっと一緒に過ごしたいと願っていた。

それは自分のエゴであったと気が付いたのは喪って数年後…

あのまま、命を延ばしたとしても菜乃葉はずっと苦しんだ

それをしてでも我が子に生きろと言っていた自分

それは違う。

菜乃葉を愛しているのならば、側に居ることが生き続けることが正解ではない

世の中に不老不死があってはならない

それを身を挺して教えてくれた。

死は…終わりじゃない。って。

その答えを見出せた過程に『無』も『執着を手放す』も無かった。

ただただ泣き、泣きじゃくって遺品に触れ捨てられず

想いを馳せる事を止めなかった。

いあ…止められなかったが的確な言葉かもしれない。

喪うという現実をいろんな視点で見た時に

僧侶になろうという答えが出たり、今の動物に無理な延命は止めようと思ったり

あぁ…なんて死とは、蒔いてゆく種が偉大なのだろうと思える私が出来上がった。

世界を変えようと思う私が、ここに居る。

人は時に静観して、時に笑い、時に思いつきで物事を突きつけるけど

私をきちんと見てくれている人は、、、

そう言えば間逆を言うんだ

頑張りすぎだよ。無理はしないで。間違っていないよ!

そんな私は、寺子屋を始めました。

寺子屋については、またの機会に詳細を綴りますね。



*のらさんへのメッセージ*

のらさん、いつも心中を話してくださってありがとうございます。
とても苦しい、ツライ言葉では言い表せない想いがあふれてくると思えば
何も心が動かなくなったみたいになる日もあろうかと思います。
無とは空(からっぽ)にするのではなく
違う視点で考える事を止めなければ、答えが見つかる場合もありますし
必死に考えているのに、あれこれ言ってくる場合が私もあるんですが
他人を変える事は難しいですもんね…。
なので今の、のらさんがいる。
1つの事を角度を変えてみたら、別の物が影にあるかもしれないし
違う道が隠れているかもしれない
それをするには、本当に無にはなってはならないと私も思います。
もちろん苦しいです、ツライです、逃げ出したいです
生きているのも、息を吸うのも、瞬きするのも。
だから私は居ます。私でよければ。
そうそう、経は覚えるというよりは、心で唱える
どんなに偉くなっても、記憶していても、経本は目の前に置いて
視覚で文字を捉え、心で一文字一文字を刻むような感覚で
腹式呼吸をして。
あの般若心経ですら、解釈は多種多様ですからね!笑
本当の意味は、明日誕生日を迎える御釈迦様が御存知でしょう。
「なんとかしたい」
素晴らしいじゃないですか!
この御時世必死に物事を考える人間は、減るばかり
本当の執着って、自分に不必要な欲望であったり物質的な事であったり
私はそう説きます。
きっと必ず苦悩した人間には無駄なんて1つもありゃしない。
そんな人を見かけたら、手を差し伸べられる人であれ
それが人間に与えられた事ではないか!だから支えあい、お互い様
そんな言葉があるんじゃん!
私は、そう考えて心は御側にと思っております。


*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。


【蒼香院とは?】

●蒼香院では命は平等である

完全無料で、経を唱えております。

皆様と共に生きて、御縁を頂き祈り、法要、弔いなど

人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]


● COMMENT ●

ありがとうございます、、!

コメントに焦点をあてて解説をもうけてこたえてくださり、ありがたいという言葉では
おぼつかないです、、

お経に関心が向いたのももしかしたら、神崎さんとの出会いが因になってるかもとおもい、
不思議なおもいです。

本当に、神様も仏様もいらっしゃるなあと…。
生き方が変わる学びのときかもなあと。。

いつもつらくてしかたないときに、すくわれるので、、

ある出来事があり、それを後悔しひきずり
『そうしてあなたがひきずりってることじたい、もう誰も覚えてないから、ありもしない考えにとらわれることじたい
本当に、ただ時間の無駄だよ』とアドバイスされ。
(神崎さんがされてきたのと同様なご助言しか、多分自分もできてこなかったし、
まわりにもされないのをわかっていて、悩みなど打ち明けたら余計孤独になるので、なやみを自身の中で無に帰したかったですが、
我慢できずくるしみを吐きましたら、上記の答えでした)
わたしは、誰も興味ないおもいにとらわれている悲しみ(自意識過剰すぎて夢ばかりみて現実がみえない自分と、現実をちゃんとみている他者、現実そのものとの温度差の悲しさ)と同時に
『無駄』『無』ということに
絶望と同時に救いを感じた気持ちがしました。

ちょうどお経もきになってたし、、


しかし神崎さんのご説明で、
そんなにむりやりに『無』になる、
とらわれから解放されないといけない、というのも
ちがうなとかんじました。

記事にあるように、無になりたいのに
いつまでも無にできない自分に、今度は怒りがわいてきたのです。。別の執着まで生まれてしまうかんじです。


神崎さんこそ
ご自身のくるしみと
それに対する周囲との温度差に
本当に、おさないころから絶望と苦悩をかんじてこられたのが 記事から本当に、かんじられます、、幼少から、、

だからこそ私の苦しみもわがのようにかんじていただけたのだとおもいます。

絶望したら本当に、まわりすべてが灰色ですね、、のっぺりしてひたすら、美しい花も希望にみちた言葉も、優しい笑顔もいつ刃に変わるかわからない、かえって強い恐怖に変わります、、
これがうつ病なのか、だとしたら幼少からずっと病んでたのか、それとも性格か。。
不明ですが神崎さんのように
自分が信頼できるお医者様にまだであえてないのは確かです(^_^;)

でもわたしにはこうしてお身体をかかえながら説いてくださった素晴らしいかたがいる。
もうそれでどんな薬にまさる、
とてもめぐまれ救われていることだとかんじました。

何度も何度も記事読み返します。
まだ理解できてないので、、
お経のアドバイスもありがたいです!

本当に、ありがとうございますm(__)m、、

◆お返事◆

・のら様
とんでもないです。私は皆さんから沢山の事を伺い学びの機会を得られてますよ。
本当に仰るとおり…私も全く同じ気持ちになっていました。
自分の抱えている悩みなぞ、他者にしてみたらちっぽけで
過去の事にいつまでも囚われているに過ぎない。
自分で自分の首を絞め、苦しくしてるだけじゃんか!とすら思えて来た日
何を見ても何を口にしても、感覚という部分がだんだん鈍くなり
美しい物が美しいと感じられない。
私も同じように、時間のムダだと言った人もいました。
考えたって仕方ないとか、今更どうにもならないとか。
だったらそんな事から離れて楽しい事を見つけたら?とか
確かに世の中、気楽に笑い過去に囚われず楽しんでいる人は多い
その人たちは(幸せ)なのだろうか?
その笑い声は永遠に続くのだろうか?
そこまで魅了された笑いってどんな意味があるの?
逆に客観視してみました。
私の中で、それはくだらない一時的な笑いであって根本解決には
全く繋がる物ではないと判断しました。
そんな人から発せられる言葉に、何が解ろうか?
楽しい事だけ共有する人間なんて私は求めてはいない
むしろ、人間は苦しい時にこそ本質が見えてくる。
苦しみを知らぬ人間は、愚かだとも思いました
持論私欲を押し付けるだけであって、本当に自分の為に
言葉を発していなかった。
まるで泡のように消える、薄っぺらい言葉に救われるわけがない。
しがみつく物が見当たらなくて、私は短編小説を執筆しました
結果は駄作に終わってしまったんですが
少しずつ頭の中で、あらゆる事が整理できるくらいになった時
のらさんの言葉をメールやコメントを読んだ時
私は感じました。
自分と同じように暗闇にいる、その人は無駄なんかじゃない
きっと誰より考えている人であると。
考える事を昨今はしなくなりました。
楽しんだ物が勝ちとも言う人がいます。
されど悩み苦しみを知らない人間に何が見出せましょう?
蒼香院には色々な方がおられて、同じように経を覚えたい!
そう仰る方もおられます。
私はどうぞどうぞ!とオススメします
キッカケは何でもかまわないと思います一輪のタンポポが黄色に見えた
それだけでも前進。
当たり前の色彩を感じられるようになれた。
心に波風のない人間などツマラナイと思います。
機械的でなく人間らしい悩みは成長を必ずくれる
決して今、ムダではないといつか答えが見つかると思います
必ず!決定的な違いをのらさんは持っているから。

丁寧で心強いお返事みにしみます、、

本当に、一言で『気にするなよ』なんですよね、、でも、悩み苦しむひとには
そのただひとつのことが
出来ないために、自ら命をたつひともいるほどなわけで。。

たしかに昨今、時代の風潮は悩まない、を推進するようになったかもですね。
むかしは若者ほど多いに悩め、と
大人も言ってあげられる余裕あったように思いますが
いまは時間がもったいないよ、
たちどまるだけ皆さきに行ってしまうよ、
損をするよ…、、
平均寿命はのびたのに
なぜ若者も大人も余裕なくキリキリ生きているのか?


なんせ五感に、膨大な情報、刺激がもとめずとも絶えず入ってきて、
パソコンやスマホをひらけば何らかの宣伝、通知が目に入り
手取り足取り『サービスはいかが?』と向かってくる時代です、、
悩んでたとおもうひまもないかもです。

なやんでたら流れからおいてかれますし。

でも損得とかより自分の世界を大切に、自分のペースで生きているひともいるでしょうね、、きっと。。
自分には
なにが大切か再確認してみます。



管理者にだけ表示を許可する

副住職と木魚/8話 «  | BLOG TOP |  » 私が体験して得たこと。

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (176)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●糖尿病(2017.8.14~ (2)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (126)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (6)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字