topimage

2017-05

動物の心に近づく (珠稟クレアチニン上昇) - 2016.12.20 Tue

食欲の落ちた珠稟に、あらゆるフードを用意して並べてみたものの

ほとんど残してしまう状態で…。


20161220フード1

↑↑
この残し方を見て、私は考えた。

ただ残していると解釈するんじゃなくて、理由を探したかった。

そして、ひらめいた。




きっと、形状なのかもしれない。と。

例えば、人間だって体調が悪い時、お腹が何となく調子が悪い時

ガッツリ肉を食えるか?って話で、麺類だとか、お粥がいいな

スープなら飲めそうだな。なんて事があるじゃん!

猫にだって、そんな気持ちがきっとあるのじゃないかと思ったのだ。


20161220フード2


腸管に負担の少ない物を3種類、フードプロセッサーにかけて

ペースト状にしてみた。

実は、この考えに至った背景には菜乃葉の時の事がある。

ちょうど8年前も、菜乃葉に食べさせる事に苦戦していた。

あの頃は、まだペットブームとやらもそんなにって感じだったから

老猫用のウェットフードを探してきては、舐めさせた。

でも、ほんの僅かな肉の繊維みたいな物が飲み込めなかった…。

フードプロセッサーなんて、主婦の手抜き道具!そんな感覚でしかなかった私は

家に置いてなかったせいもあり…今、思えば持っていたら菜乃葉は、楽だったと思う。

こんなにも形状を変えられるんだもんね。

8年前を、あの日の事を私が忘れるわけがない

いろんな事で後悔もしている、タラレバばかりが今でもある

その気持ちを珠稟達に、使わなければ

菜乃葉の死を、無駄にしているのと同じだから。


20161220フード3


私の読みは的中してて、1種類だけペロリと珠稟が食べてくれた。

セレクトプロテインのパウチだった。

10g~スタートして、少しずつ回数を分けて食べさせる事に成功したものの

下痢が珠稟を困らせた…。

そこで1週間、早めに受診して、ステロイドの増量に踏み切った。

珠稟の場合は、角膜穿孔などの副作用がある為に

ステロイドの使用は、かなり難しい…。だけど下痢が続くのは、当然体には良くない。

これでも治まらなければ、内視鏡検査、細胞検査も視野に入れた。



そして、退院から2週間後の血液検査を昨日してもらった。

入院中、クレアチニンは2.2まで下げられたのに対し

自宅療養に切り替えたら、どう変化するのかを判断する為に。

クレアチニンは、3.0まで上がってしまっていた。

下痢治療に加えて、やっぱり腎機能の事も視野に入れる時が来た。

1・薬 2・食事 3・点滴

慢性腎不全の場合、現代医学では、ほぼこの3択になってくる。

1・の薬に関しては、活性炭ネフガード、フォルテコールで満たしている

2・の食事に関しては、珠稟の場合IBD疑いでステロイドを増量して下痢をコントロールしてるから
すぐに治療食を食べさせればいいというわけにはいかない。
そして、今回ステロイドに反応したということは
珠稟の下痢を追求する為に、内視鏡検査をしなくても
ほぼIBDだと思ってもいいとも思えるし、腎機能が低下している状態で
わざわざ麻酔をかけてリスクを背負う必要はないと考え、検査を中止する事にした。

3・残るは点滴である。
人間でいうなれば、透析に近いとも言える。
その点滴のスパンを短くする事で、どこまで持ち上がるのか試みる事にした。




猫と腎不全というのは、もうセットみたいな物だと思ってもいいかもしれない。

老衰で亡くなったと思っていても、解剖検査してみると

実は、腎不全の末期であった例は、よく聞く話で

じゃぁ、どうして腎不全に猫がなってしまうのか。

いくつか仮説があって

そもそも猫のネフロン『腎単位』(腎臓の皮質部分に位置していて濾過や分泌、尿等を作る)が

人間は、左右合わせて約200万を超えるのに対し

犬の場合で約80万、猫の場合で約40万と数が断然異なると言うこと。

猫は大昔は砂漠に生息していた時代もあった為に、水をそんなに必要をしなくても

尿を凝縮して排泄する体内構造を持っていること。

つまり、猫という生体そのものが腎不全を起こしやすい生体であるということ。

現代医学では、対処療法が基本となっていて

命尽きるその日まで、上手く付き合ってゆかねばならない。

☆今年、東大の研究チームが発表したAIMについては、今後どうなるのかは気にはしていますが☆

珠稟の場合は、自己免疫疾患もあり、膵炎もあり、IBD疑いで下痢もしていて更に腎不全もあり

どの病気も、結論としては対処療法をして頂くしかないのが現実です。


20161220珠稟と夕日


私は、自分勝手かもしれないけど

特別な事を自分でも望まないし、珠稟たちにも望んではいなくて。

当たり前の日常生活を、苦痛のない時間を少しでも増やしてあげたい。

無理やり、生きることに執着させたくないと考えてます。

本音を書けば、ずっと珠稟たちと生活したいに決まってる。

菜乃葉や喜々やぴーこたちとも、暮らしていたかったんだから。

けど、永遠の命は存在してはならないと私は思ってます。

喪うことはとてつもなく哀しい。幼い頃から人より多く私は見送ってきたから

自分が僧侶になろうと決めたくらいです。

『生病老死』が、この世に存在するから人は考える、悩み苦しみ

泣きながらでも、次はどうしたらいいのか学習してゆける。

胸が引き裂かれそうなくらい、泣き叫んで何かに縋りたくなる。

だから私は、プロ棋士で有名な村山先生のように思います。

「今、考えるのは目の前にある一手です。」

この子達のために、何ができるのか素人なりに親なりに

目線を変えて寄り添うことが必ずあるはずだから

私も、次の一手を考えてる。

菜乃葉と同じ時期に、いろんな事を考えるのは複雑だけど

きっと、絶対見てるよね。お空の上から見てる。そんな気がするな…。



*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。


●蒼香院では命は平等である

完全無料で、経を唱えております。

皆様と共に生きて、御縁を頂き祈り、法要、弔いなど

人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]







*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。


蒼香院では完全無料で、経を唱えております。

皆様と共に生きて、御縁を頂き祈り、法要、弔いなど

人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。

御希望の方はメールフォームより御連絡ください。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]

愛娘の死から8年 (菜乃葉へ) «  | BLOG TOP |  » 命は1つ1つ異なる (珠稟ステロイド増量)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (174)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (125)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (5)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字