topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠稟検査入院 (IBD確定診断等 - 2017.01.04 Wed

喪中につき新年の御挨拶は控えさせて頂き
簡易ではありますが、今年も皆様宜しく御願い申し上げます。

さて、年末年始は私も珠稟も通院があり

あまり、いつもと変わらない時間を過ごしておりましたが…

珠稟の体調が良くなくて、下痢、食欲低下、元気消失


20170104フード


少量のフードを、こまめに食べさせようと試みても

最初は少し舐めてはくれてましたが、とうとう見向きもせずグッタリ。


食事、水分補給、排泄などが満足に出来ない状態で

とうとう苦しそうに胃液を吐き、このままでは死んでしまうと思いました。


20170104珠稟


グッタリしている珠稟を見ていて、考えました。

これ以上、もう何もしない方がいいのか。このまま死なせてあげる事がいいのか。

もう頑張ってるんだから、頑張らせない方がいいのか。

呼吸をしてるか夜中に起きては確かめる私がいて

目の前に苦しそうな珠稟がいて、どうにか緩和してやれないだろうか考えました。

だけど、私は所詮、母親でしかない。

獣医師さんに知恵を出してもらう事が、一緒に考えて選択肢を選ぶことが望ましいと思いました。


今日の診察で、血液検査、超音波検査をして頂き

クレアチニンの数値が、前回を変わらず3.0のままだったので

おそらくは、IBDなり腹部の疾患ではないかという仮説が出ました。

IBDについては、ほとんどの方が私と同じで

確定診断をするには麻酔が必要であったりするのに対し

結果として、何が主流になるかと言えばステロイド投与や治療食でのコントロールになるので

IBD疑い として、治療をされている方が多いです。

私が今回、内視鏡検査に踏み切ったのは、いろんな要素があります。

まず、このままでは死を待つだけです衰弱死するのは目に見えてます。

ここが難しい所で…。これ以上はかわいそうだから死なせてあげよう。と思う人もいます。

つまり延命に属するか、緩和に属するかの線引きは、とてつもなく難しい。

私は、ほんの僅かでも珠稟をこの苦しみから緩和できる術を見出したいと思いました。

内視鏡検査を受ければ、細胞検をするわけですから

例えば癌であったとしたら、治療法が変わってきます。

癌というのは、弱った部位にどうしてもなりやすい傾向を持つので

ずっと腸管に負担を抱えていた珠稟が0%なのかは、これでハッキリさせられます。

そしてIBDだったとしても、度合いがハッキリする事によって

ステロイドだけを投与するのか、免疫抑制剤を使えばいい時期にきたのか

ここも判断材料が作れます。

IBDというのは、ステロイドが効かなくなるというよりも

ずっと付き合っていく中で、ある日IBDの方が勝ってくるんだそうです。

我が家に来た時からですから7年は、ずっと対処療法はして頂いているので

珠稟の腸管は、かなり負担がかかっていると言っても過言じゃないでしょう。

それでも、検査をしても何も得られない場合もあるかもしれません

医学は100%じゃないです、治らない病気は山ほど存在します

それならそれで、どうしてゆくのか判断なり覚悟を決める事もできます。

珠稟には、また入院をさせて検査を受けさせる事に手放しで安心はしてません。

麻酔のリスクもあるわけですからね…。

されど私は、何もしない人間になりたくはないんです。



実は、私の主治医達がそうなんです。

血液検査もしない、画像診断もしない、症状を訴えれば怒鳴りつける

自分達の専門分野じゃないと匙を投げる

投げた匙は誰も拾わずして、のらりくらり。

ハッキリ言って、獣医師さんの方がどれだけ大変かと思いましたよ。

患者である動物達は、言葉を話すわけでない。

患者である動物だけを診てりゃいいってもんじゃない。

患者の家族である人間の私達に説明をせねばならないし

自分は犬が得意だから猫は診察しませんだの、外科は専門じゃないので知りませんだの

ぴーこの時から御世話になってますけど、1度も言われた事はありませんからね。

私や珠稟のような患者は、確かに難しいと思います。

そもそも自己免疫疾患が、現代医学で完治しないんですから

だからといって、最低最小限の事もせず、ふざけた事を言ってる私の医師に憤りを感じて

私からMRI、血液検査、そして薬は○○を御願いします!と指示をだして

しぶしぶ動き出したのが、3ヵ月後の今日です。

珠稟の主治医も、もちろん人間です。

解らない事があれば、解らないとは仰いますが、、、

少しお時間をください。調べてみます。と全力を尽くして下さいます。

私は、その気持ちに心から感謝できますし、安心して珠稟たちを任せられます。

そんな事が自分の身に起きてるので、本当に同じ扱いをされなくて良かったと

そう考える事が多くなってましたね。


そんなこんなで、今日から珠稟は入院してますが

小さな突破口でもいい、珠稟は私の娘ですから楽にしてあげたいんです。

ごめんねちゅったん。頑張らせて本当にごめんね。

その分、ママが先生に沢山教えてもらって頑張るから

安らかな時間が増えるように頑張るから。


*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。


蒼香院では完全無料で、経を唱えております。

皆様と共に生きて、御縁を頂き祈り、法要、弔いなど

人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。

御希望の方はメールフォームより御連絡ください。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

内視鏡検査の所見 (珠稟退院) «  | BLOG TOP |  » 無であるから生まれる

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています


●カメラ

SONY NEX-3

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (176)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (20)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●糖尿病(2017.8.14~ (2)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
◆瑠菜/Runa (32)
 ●慢性腎不全(2011.11~ (3)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (126)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (6)
◆乃愛/Noa (17)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (6)
 ●成長 (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (22)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (32)
 ◇蒼香院お知らせ (5)
 ◇蒼香院つれづれ (18)
 ◇天空法話 (9)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。