FC2ブログ
topimage

2018-12

猫にも気持ちがあるはずで (仏に近くなってゆく) - 2018.07.11 Wed

今年の2月でした。
東京に住んでいる長女が、双子を妊娠したとの事で
里帰りし、こちらでの出産予定を組まなければならなくて
久々に帰ってきました。

毎日、私と一緒に眠る珠稟は
その日から、長女が入院するまで私とは眠らなくなりました。


20180711珠稟1


ゴロゴロと喉を鳴らして甘えたり
長女のお腹を毛づくろいしたり
私たち人間には聴こえない音が、猫の珠稟には聴こえとるんかね?
そんな話をしながら、毎晩、毎晩珠稟は寄り添ってました。
それは長女が切迫早産で入院する日まで続きました。


その頃から私は、何となく感じました
長女が東京に帰る前に…珠稟は旅立つんじゃないかと。
こんな機会でもなければ、なかなか逢える距離でもないんで
もしかしたらと。

私は子供の頃から、いろんな人の死に直面しているせいか
人間も動物も同じなのかな?と思う事がありました。

病気そのものがあると、自立で食べられない場合
どんなに点滴やチューブで流動食を入れたとしても
独特の痩せ方をしていきます。
体の代謝が不十分になってきて、筋力が衰え
体重は大きく変動しなくとも、特徴的な体系になる。
咀嚼、嚥下が難しくなって
歩行、排泄が困難になって
自分で出来る事が限られてくる。

それをよく『仏に近くなる』とか『生まれた時に戻るようだ』と表現するように
私もそれは感じていました。




2018年7月1日
この日の朝は、辛そうだけど尻尾で返事をしてくれた。
私は、これまでの御礼も兼ねて
フリーデ動物病院に、その日は連れて行きました。

菜乃葉の時から御世話になってる藤山院長には
珠稟たちも、ずっと御世話になりたかったけど
開院された場所が、我が家からは少し遠いので
乃愛のトリミングだとか、珠稟の大きな検査前だとか
時々逢いに行ってて。

でね、珠稟は大好きな獣医師さんの足音を記憶してるんです。
なのでいつも担当獣医師さんが退職などの理由で交代された時は
私が次の獣医師さんを決めるのではなく
珠稟に決めさせてましたね。

この日、血液検査のファイルと
いつもの点滴、注射の内容を担当獣医師さんに書いて頂いたメモを渡し
珠稟を診察してもらいました。
珠稟は立てない足をバタバタさせてました。

珠稟ちゃんが腎不全になったのは、若い頃でしたし
他の病気もいろいろありましたけど
珠稟ちゃんも、御家族も本当によく頑張って来られたと思います。
最後まで緩和できる方法は、いくつかありますから
いつでも御相談くださいね。

いろいろ話をして、診察室を出る時に
珠稟ちゃん!珠稟ちゃん!
そう声をかけて下さって、沢山撫でてもらって
珠稟は嬉しそうでした。
その日が、やはり最後の藤山先生との時間でした。




2018年7月2日
珠稟が朝から足をバタバタさせて、クゥークゥーと鳴いている。
私は、家での様子を写真や動画にまとめて
分からない事は、毎日の通院で獣医師さんに見せてました。
病気の症状的なアドバイスも重要ですが
行動学的な事、いわゆる動物の気持ちの部分もアドバイス頂けるし
家での様子と、病院での様子は異なる事が多かったりするので
獣医師さんの方からも、お願いされることも多いです。

この日、珠稟はどうしたいかと言うと
『歩きたい』
だけど自分が立てないという認識がないんで
進もうとするけど、進めない。
それを聞いてからは、1.2.3ヨイショー!と腰の部分を支えて
あちこち移動




双子ちゃんが見たいのかな?
それとも、この日は私の通院があるんで
ここで留守番してマス!と伝えたかったのかな?

体調が悪い時は、猫という動物は隠れようとするけど
珠稟は逆に、賑やかなところへ行きたがってたように思います。
この日は結局、自分の診察時間が近くなってきたんで
長女に珠稟を任せて、自分の通院に。




20180711珠稟3


だんだん、辛そうになってゆく。
それを見ているのも辛い。

だけど命を預かった時から、生を受けた時から
誰しも毎日考えはしないだけで
向かう先は同じ。
いつかは天に返さねばならないということも…。

どうすれば楽になるだろう?
自分だったらどうして欲しいだろう?
珠稟は何を望んでいるだろう?
時間を大切にせねばならん。

そんな事ばかり頭の中にあったように思う。




2018年7月3日
呼吸が変だと思った私は、動画を撮影して
すぐにかかりつけの動物病院へ向かった。

そしてその時、点滴担当の獣医師さんに脈の計り方を教えて頂き
診察室の中で練習。

もし呼吸が苦しいのであれば、酸素テントのレンタルをしようかな?
私の中の 『何がしてあげられるだろう』 はまだ続いてた

でも、これが、この日が最後の通院となりました。



改めて思うのは、獣医師さんは人間の医師より大変だという事
患者本人と話す、説明するわけでなく
間に、親である飼い主の存在があって
人間の病院みたいに専門的な分野だけの診察でもないし
患者の生態系そのものが異なる
全てを担う立場にあると考えると、頭が下がります。
そして、治らない病気であったり命に関わる問題であったり
そこも避けて通れない事
ペットブームとやらの日本
それを支えてくださる大きな、大きな存在だと思います。



*管理人の都合により現在ブログは不定期更新とさせていただいております。
皆様のところへの訪問や、コメントのお返しもゆっくりできませんが
御理解いただければ幸いです。宜しくお願いします。




完全無料で、法要等を承っております。

皆様と共に生きて御縁を頂き、人から動植物なんでも必然であると考えて

心の目で見つめ感じ真心込めて御縁を広げて行きたいと思います。
……………いつも訪問&閲覧ありがとうございます<(_ _*)>

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 倫理・道徳へ
にほんブログ村

……………☆.。.:*・゚£(。・"・)o[ 上のバナーをクリックしていただけると喜びます♪]
 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

お別れの時が… (チェーンストークス呼吸) «  | BLOG TOP |  » 違和感、習慣 (哀しいけど泣けない)

◆Aika.Kanzaki◆

神崎愛香

Author:神崎愛香
 
 
(。・"・)o翼のはえた菜乃葉と一緒に旅をしています♪

たまに頭の中のネジがとれたりするらしい。
管理人の病気
・免疫疾患
・ニューロン疾患
・線維筋痛症
・高カリウム血症
etc
人生最後に選んだのは僧侶だとか。

◆蒼香院にて各種承ります! 
 完全無料の尼僧の修行中
 命の尊さを重んじ御縁を大切
 にし
 皆様の御役に立てれば幸いで
 す。
 詳細は蒼香院のカテゴリーか
 ら
 御覧くださいませ。
 直接メールや電話でも
 御相談承ります。

◆猫blogを中心に家族の事や 
 日々の徒然を綴っています

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

◆菜乃葉/Nanoha (125)
 ●日常生活 (14)
 ●遊び/探検/おしゃれ (8)
 ●成長 (5)
 ●病気(退院まで) (21)
 ●FIPと共に (13)
 ●介護 (2)
 ○菜乃葉旅立ちから (57)
◇ママへ◇ (5)
◆珠稟/Syuri (188)
 ●病気(2009.1~2010.1) (3)
 ●慢性腎不全(2010.2/18~ (24)
 ●FIP(確定診断ナシ2010.6/27~ (25)
 ●隠れた病気を探して(2010.11/5~ (27)
 ●角膜潰瘍 (20)
 ●慢性膵炎 (2)
 ●IBD(確定診断ナシ (7)
 ●IBD(確定診断2017.1/4~ (3)
 ●肥大型心筋症(初期)2013.3/24~ (1)
 ●糖尿病(2017.8.14~ (2)
 ●歯肉炎・抜歯 (8)
 ●自己免疫介在性疾患 (6)
 ●その他/通院記録等 (25)
 ●ホメオパシー治療 (3)
 ●病歴まとめ (2)
 ●検査結果表 (5)
 ○珠稟旅立ちから (8)
◆瑠菜/Runa (33)
 ●急性腎不全(2011.11~ (4)
 ●コレステロール (2)
◆葉暖/Hanon (31)
◆由珠/Yuzu (23)
 ●嘔吐&検査等 (2)
◆ニャーちゃんズ◆ (126)
 ●日常生活 (64)
 ●病気/通院 (27)
 ●成長 (23)
 ●育猫 (6)
 ●ぷちネコマンマ (6)
◆乃愛/Noa (22)
 ●日常生活 (5)
 ●病気/通院 (7)
 ●成長 (4)
 ●緑内障(2018.7/2~ (4)
◆命医学 (0)
◆蒼香院ファミリー (13)
◆ママのこと◆ (82)
 ◇つれづれ (14)
 ◇スピリチュアル (3)
 ◇思い出 (8)
 ◇難病&鬱病など (34)
 ◇音楽 (2)
◆神崎家◆ (115)
 ◇パパさん (7)
 ◇おこちゃま (35)
 ◇まごっち (4)
 ◇かぞく (24)
◇ペロペロ&まる (4)
 ○その他○ (15)
**ごあいさつ** (23)
◆探しています (1)
◆蒼香院◆ (36)
 ◇蒼香院お知らせ (6)
 ◇蒼香院つれづれ (20)
 ◇天空法話 (10)

◆菜乃葉/Nanoha◆

●ノルウェージャン女の子
ブラウンマッカレルタビー&ホワイト
●2008年12月22日永眠

菜の花畑1DTP


◆子供に恵まれなかったパパ&ママの所に娘としてやってきた。
甘えん坊で超ビビリさん。いつもママの後ろにくっついていた。
猫IBD、腸重積の末 FIP(ウエット)を発症。
2008年12月22日 生後11ヶ月の時永眠
今は背中に翼がはえて、ママと旅をしている。
                                                              

◆珠稟/Syuri◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックシルバークラシックタビー&ホワイト
●2008年10月2日生まれ
          

珠稟プロフ


◆一度はママに「さようなら」と言われたけれど…
珠稟の瞳に強く惹かれたママが、どうしても一緒に暮らしたかった子
賢くて、とても優しい性格。
悲しい時や辛い時、そっと寄り添ってくれる。
1歳4ヶ月の時、慢性腎不全になり
高Ca血症、慢性膵炎、角膜潰瘍になる。
2010年8月左目の視力低下


珠稟プロフ20108


◆瑠菜/Runa◆

●ノルウェージャン女の子
ブラックマッカレルタビー&ホワイト
●2008年10月29日生まれ

瑠菜プロフ


◆いつもボーっとしていてマイペース。
天然猫とも呼ばれているっぽい!
でも力が強くて、喧嘩は誰にも負けない。
用事があるときだけママを呼びに行く。
お昼寝が大好き♪
超ビビリさんで、よく驚いて飛び上がっている。


瑠菜プロフ20108


◆葉暖/Hanon◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年2月21日生まれ

P1000708葉暖P


◆2008年12月22日に旅立った菜乃葉の妹でペットショップの御好意で我が家にやってきた。
お姫様気質が強くて、神崎家で一番偉いと思っている。
でも、まだまだオコチャマで1人じゃ眠れない。やんちゃ姫と呼ばれている。
狩りが得意で、何かしら捕まえてはママをビックリさせている。


葉暖プロフ20108


◆由珠/Yuzu◆

●ノルウェージャン女の子
ブルーマッカレルタビー&ホワイト
●2009年7月30日生まれ

由珠プロフ


◆おじいちゃんのお家に行く予定だったけど…
神崎家に居残り決定!
4ニャンズの末娘
甘え上手で、お姉にゃん達にスリスリ
パンチで攻撃されてもめげずにスリスリ(笑)
得意技は「ぴゃぅ!」って鳴く事!
好奇心旺盛で、お姉にゃんのストーカーになることも。


由珠プロフ20108


◆乃愛/Noa◆

●パピヨン女の子
ホワイト&ブラウン
●2010年7月20日生まれ

乃愛プロフ


◆2年近く悩んだ末
犬が苦手なママの心にすんなり入ってきた。
神崎家の救世主として期待されている。


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Blog内検索

ありがとうの数字